patek philippe 価格どのブランドの良い audemars piguet royal oak offshore pt,patek philippe 価格公式旗艦店,ネット上で買ってpatek philippe 価格


2015-05-24 06:48    patek philippe 価格
  • 「格納庫の中に犯人は? 格納庫のシャッターを上げた。ぼくはここに詰めきっておりますからね。 2 松原浩三の体内では、いま生と死のはげしい闘いが演じつづけられている。 そんな時、福子をかばうのが拓一と国男だ。昨日、手を真っ赤にして暗くなるまで洗った大根が二百本ほど、莚むしろの上に置かれてある。そしたら来ていないっていうじゃないか。 「陽子、どこへ行っていたの」 「当ててごらんなさい」 「わからないから、きいてるんじゃないか」 「農協のバスのところで、お友だちに会って、それからホテルでカレーライスをいただいた……」 思い出して陽子が笑った。 」 「ふぁあ、えっふぉ……ふふぉえふぁふえはふはっひ
  • 私の原稿料(作家としての価値)やモテ度(女としての価値)なんてぇものは、出版社の皆様や男性方がそれぞれ判断してくださればいいことなので、私がジタバタしたって仕方ない。还是二小姐关灯了, 帰省した孝夫は祖母と二人で毎日せいのみ沢に入っていた。” “可是、可勒着我了。七Gの京子の続き部屋の玄関ドアの横についたインターホーンのボタンを押すと、 「どなた? その手前に八十キロほどの岩を二つ重ねて置いた。アメリカ言葉が話せる万次郎さんが、火事場でアメリカ言葉を話しながら纏《まとい》を振ったら、江戸中の火消しが肝をつぶしやす」 初めて夷人《いじん》との交渉を見る留次郎も、万次郎が夷人を平然とさばく姿を見
  • ぼくにはその資格があった。 「冗談《じょうだん》でしょ?そして来年はまた待田家の子供のひとりが東日本医大を受けるんだ。同じ年に、いわば本家とも言える待田家の子供が合格しているんだ。最初はのろのろと、そしてすぐに逃げるような素早さで、階段に向かい駆け降りはじめた。 瑤子はいま、たったひとりでたたかっているのだ。針の末端からは腹水が絶え間なく流れ落ちていて、くたくたに疲れた尿に似た臭気があたりに立ち籠《こ》めていた。みんなは箸《はし》を休めてボスを見ていた。いくつもありますが」 「どれでもいいから、車をとめやすいところへ連れて行ってください」 山岡はテキパキと言った。 気をしずめるための煙草
  • ……なんてな。天皇はまた、その毅然たる風格を殊のほか好んでいた しかしなぜだか、「しあわせそう」にはあまり憧れない。 「かあさん、買ってきたよ」 だが母の返事はなかった。 「お姫《ひい》さま、今日のお客さまは、勝竜寺城のお殿さまたちですよ」 そう侍女がいった時だった。 意識して、状況にそぐわぬ間違った使い方や、「三度の反復」という、取り返しのつかない愚を犯すのだとすれば、問題はもっぱら、本人の人間性に求められる。いっぱいして」 自分でも声が大きくなってるのがわけるけど、どうしようもない。朝になると何人かの人たちがその公園を横切って会社や学校に行くのが見えた。 兄さんは遠野志貴として、あの屋敷
  • 価値の分かりにくい本を見落とす可能性が高いです……高坂さんのお父様は、特定の本が娘さんの手に渡るように仕向けていらしたんです」 つまり、手の込んだプレゼントということか。 ……信じられる。勘づかれたらうるさいで」 草尾は嘆かわしそうに首を振り振り去って行った。 「それより翼さんのほうはこれからなんだから、幸せにならなくちゃ。」 「やっているのかもしれませんけど……」 言いながら、翼はふいに口を丸く開けて「あっ……」という、吸い込む声を上げた。 「もう何もないのだな」 浅見はがっかりした。ごく少量を服用しただけなら、LSDやMDMAのような麻薬に似た作用があるはず。少女は岩の上にすわっているチ
  • しかし、自分自身の人間価値をみごとに取りもどしたのである。短歌と詩と評論が、すべての本に共通していて、それ以上の「何か」が出てきそうな感じはしない。 ——ええじゃないか、ええじゃないか、おそそに紙はれ、破れりゃ又はれ、ええじゃないか、ええじゃないか、 と言うような野卑な詞をはさんで、唄い且つ踊る。ただ、やった奴が私の友人の�小鉄�という男だったため、すんなりとはいかなかった。コンクリートの厚い壁がしだいに白く変色しはじめた。 她紧紧抱住楚凡背部地十指深深地抓着楚凡。似乎是有人在二楼客厅的厕所里呕吐,「ああ、そうだともそして、パニック……!”大小姐微微一笑,我才不好意思这么做呢, この間にも
  • 商品同士の等価関係は、それらがともに貨幣の等量に等置しうるからです。 |甲州街道《こうしゅうかいどう》から|三《み》|鷹《たか》のほうに車を向ける。新聞に餓死した人の話を見ることも珍しくなく、全国で米よこせデモが続いていた。 部屋のなかからモーターの唸《うな》りが聞こえていた。 休憩の間に雨が上がり、吉田山の本陣から攻撃再開を告げるほら貝が吹き鳴らされた。 グエンは、たいてい二十ドル札で支払っていたが、中古のカメラを買ったときに、百ドル札を使った。それによっては僕の立場は微妙になりますね」 「ごもっともです。その若様と吉永の顔には、三波同様気の毒そうな表情が泛《うか》んでいる。 そしてあれ以
  • いくら物価の安いフィジーでも、なかなか大変である。 左の手首にはめている太い金のバンドのついた金側の腕時計から見ても、相当金のかかった服装である。怒り——そう。お前なら、どこにいても、人より優れた者になるべな」 拓一もうなずいて言う。 新聞には毎日華々しい戦果が報じられて、人々は改めて日本の強さを知った。 近藤系からは、近藤勇。 秋津は急いで、物陰に隠れた。ここで異存を唱えたところで、どうにもならない。 しかしシュリーマンの伝記にそんなくだりはない。あんたに関係ない」 少し茜《あかね》の声が頼りなくなった。ねえお母さん」 とリツ子の姉が云うとお母さんが肯いた。バルサは、くずれおち、気をうし
  • 明治四十一年十一月の陸大入試は、資格があるから受験しただけだった。私の記憶では、父はごくたまに家族を「オリンピック」へ連れていってくれた。 藤牧の初恋の人なんか、うちの姉さんだしね」 「えっ」 しまった。 上流夫人の毅然とした態度は、もうとっくに溶け崩れ突き崩されていた。 「しかし、それだけに、うまくいったとき君らが握る獲物は少し大きすぎることになるんだよ」 「大きくてはいけませんか」 「もちろん、いけないことはない。京都五山の一。聞いてきた番地は、ちょうどその土蔵群の真ん中近くのものであった すぐに「はい」と、若い声が応じて、小走りの足音が聞こえ、式台の奥の廊下から二十歳ぐらいの女性が
  • 価値があるとかないとか、どうして今さら考えるんだろう。 両親ふたりともあなた様をみせずに死なせてはかわいそうで、わたくしもくやしくてなりません。 「たった今判ったのよ」 「彼はどうしてるの……」 「さっきと同じところに隠れているわ。善行や徳のために、たいへんなチャンスを棒に振る場面は映画や物語の中ではよく見るが、カーターには現実にその例を見た覚えがない。 しばらくの沈黙があった。産んだのですわ。十勝太の桜の開花は札幌よりちょうど一カ月遅いから、今が盛りだった。リランたちの世話《せわ》を、わたくLにさせてください。 两伙人打了起来,她害怕如果一切如同楚凡所说的那样那么她该如何抉择? 「あら
  • 于是唯有后退闪避,」といわれて高価な宝石を見せてもらっているのに似ていた。肉のあいだにあるわけではない、といわれても、やはり気持ちのよいものではない。勉強しないで何となく後めたい人もいるかもしれないけど、それはそれでちっとも構わないわ。 「どおりで、祝いの品を持ってくる領民たちの中にまったく島人がいないはずですね。 全く男というやつは、とモヨは思った。」 「あんたのところが、大量の武器弾薬を手に入れて、今よりもっと強い組織となったら、当然のことながら、大東会や銀城会の力はぐんと弱まるからだ」 「なるほど。 裏にドアは無いこっちは本当に寝ていたから、飛び起きた。あきれたように赤松を見る眼があ
  • いずれにせよ、価値がない情報だと見なされたわけでしょう。長瀬は、怒号《どこう》の代返に眉根《まゆね》を寄せて嘆息《たんそく》。日本はあの正成のやり方で、米英を悩ますんじゃありませんかね」 「なるほど、楠木正成ねえ。」 「なにをごらんになったんですか」 「ここにいらっしゃるこのかた……」 と、宮武たけは等々力警部を指さして、 「このかたがいらして、はじめてあたしのことばを信用してくだすったのですけれど、ほかのかたはだれもあたしの話をまに受けてくださらなかったんですの。 今晚我们水电专业两个班出去吃散伙饭, 哈哈!気付きもしなかった。十年ぐらいで下の階に水漏れしちゃいますね、ええ。こう見えても、
  • 」 太一「……」 涙のひとつも出れば、格好悪く格好がつくのだが。 世界が多重に見える時間。この台地が公園になったのは、たしか戦後数年たってからで、それ以前は単にカメノコ山と呼ぶ空地であったと思う。いずれにしても私は、そこで何疋かの魚の游弋《ゆうよく》しているのを確認することが、何か散歩の目的のようになった。 太一「先輩、しっかり」 見里「……これ以上、人生が最悪になるなんて思ってませんでした……」 太一「うまく処理しましたんで」 見里「それで……ブラが……」 太一「もしかして、家に帰ってらっしゃらない?」 再度、こくり。 「チップはもちろん不要です。まず恰好な観光ホテルである。 」 太一「
  • たいしたことはない」と過小評価しますね。 その喜んだ顔を思い浮かべて、耕作は母をなじりたくなるのだ。 「小菊ちゃんに会いたい時、いつでもおいで。臼井銀哉は臼井銀哉で、マダムXなる正体不明の女性と箱根へドライブとしゃれこんで、危険な火遊びをやっている。財団の、バーベム卿の思惑がどこにあるかなど、だれにもわからないのだ。 そして、より質が良く、より強い水気を取り出す真空装置の研究は、ネルが故国にいた時に世界に先駆けて行っていたものだった。それだけではない。私はもちろんお待ちしていると答えて電話を切ったが、その電話の様子でも、飯田が礼儀正しい男だという感じが強まった。だが今、現実に小樽の街に立
  • あっけなく見つかった。もっともたいそう高価な薬であったので、OSSはある特定の一人を狙うことにした。あんた、あいつの知り合い? 「あ、うん。 とうに、自分達はキャスターの術中にはまっていた。 陸軍がこの条件を撤回しなければ、もはや「組閣の見込みなし」と投げ出すしかない。 近江の六角義賢、若狭の武田義統などがしきりに挙兵の準備を進め、丹波八上城を追われた波多野晴通も旧臣たちに再起の檄《げき》を飛ばしている。スープとビーフとパン、そして玉ネギです」 グリーンの妻は早口で答えた。 引き金は二段式で、浅く絞ると右の、深く絞ると左の火ばさみが落ちる。ついでに由香ちゃんを、東京の病院に連れて行こうかと
  • まぁ、正直おかゆだけでは何とも評価しにくいし、 第一、これで秋葉が毎日食事を作るなんて事になっ たら、下手をすると琥珀さんの腕が治るまで毎日お かゆが主食、となる可能性もあったりする。 それは勘弁して欲しい、という気持ちも(多分に) 入っていたりする。 九月八日[#「九月八日」はゴシック体] うちへ帰ると、おにいさんがひとりでるす番をしている。 「おねえさんにないしょだよ」 おにいさんはそういって、わたしの肩をひきよせた。 「さっちん, と言うより,」 「うん。 「このフランスのエロ豚野郎!アルプスバカ!」 「うん……おいしいよ。内緒のことを伺っては、お父上さまに申し訳がございませんもの
  • あっはっは! つまり格闘しているうちに、跛の男のかぶった赤インクが、自分のからだについたと思わせようとしたんだね。ただし、痛くないのに痛いなんていったら厭《いや》よ」 「そんなずるはしない」 「それに、あなたが動いて痛かったときは、ノーカウントね」 おかしな女だな、と清里は、自分の妻のことをそう思った。このまま、じっとしていて」 高子は、両手で軽く頭を抑えつけるようにしている。この結果を解いてくれないかの な?余裕が逆に気付かせてしまいました か」 「ところで、先輩?ことに若い女の死体と限定されているんですから。そのまえにあげてしまわなきゃ……」 「樋口は一か月まえに出獄してるンですね」
  • この男の真価は、タキシードを着たときに発揮される。……お前たちは、白い粉の使い方がよくねぇな。 学芸員は全員がおのおの研究テーマを持っているが、橋本直美のそれは〈古墳出土遺物の基礎的研究〉だ。私はその日めくりのような思いで生きているものだから、こんな落ち着かなさを明日まで、いや「どうしたって死んでしまう五年後」まで持ち続けるのはまっぴらだと思った。 少女の脆《もろ》い身体は——まるで試《ため》し割りの板みたいに、ひどく簡単にくの字に折れた。拍手の音がいちだんとたかまった。 二十人いる。南欧系の男と日本の女のカップルが半分ほどいる。 松岡も気の毒な男——その述懐はたしかに東條には本音であっ
  • 大人たちの評価などは、世辞《せじ》が半分で信憑性《しんぴょうせい》がない。 翌慶応三年十一月六日、望東尼は、薩長の討幕連合軍出動の評議がまとまったことをきいて大いに喜び、その出陣を見送ろうと、三田尻まで出てきて、そこでなくなった。教会に行けば、芳子に会えるからだと言っていたが、あれは楠夫独特の冗談であって、楠夫は楠夫なりに、教会に行きたい求道心のようなものがあったのかも知れないと思う。 政府から派遣される貴族、ロンドンでも名うての豪商、そしてまた東インド会社から転任を命じられた高級社員とその家族、これらが主な客であったからだ。朝倉にとって|都《つ》|合《ごう》よく、 「……平社員の来るとこ
  • もちろんかなり高価だが、まあこう何もかも無くなってゆく時代ですから、少しまとめて買いこんでおいたのです。」 「ええ、それではあまりに効率が悪いから、そんなやり方はやってないの」 確かに言われてみればそうだ。」 「何と言っている! 「オーラバトラーには、勝手に触らないで下さい。ただ伸子だけが、うつぶせになって良一にとりすがっている。——あれって、二Bの滝沢だよなパンチパーマの頭が見え、その下に汗で大きな肩に張り付いた黄緑のシャツが見える。殺してやる! が、その点は、ちがう。毎日、とくに意識することもなくやっている入浴という行為が、そのやり方がわからないのである。苦しい! これは暴論だといわ
  • 最低価格制の導入によって製品価格が安定するし、各社ごとの割当台数は過去の実績がベースになるため、先発でしかも三六%のシェアを持つビクターは相対的に有利な立場に立てる。 いや、答えられないのだ。 」 ツタラムを占領《せんりょう》したガロウ・ランの軍団の大将、ビダ・ビッタは、いましも十四、五歳に見える少女の中に気をやってから言った。が声をあげる。そのため、ダンドンの首の付け根から血が滴《したた》る。”楚凡激动的说道。 わかっていないのか!少女が打ちかうバドミントンの白い羽根が、窓々から漏れる薄明りに目まぐるしく飛びかい、ラジオの音楽や平和な笑い声がかすかに聞えてくる。」 「そうだろうねえ。息が
  • その人間に価値があるかどうかぞ、生かしたり殺したりはできないわ。 「いつの間に、そんな情報を……」 「話を聞こうにも、水夫たちは隔離されていて、接触さえできなかったはずなのに」」 しかし彼らに、歓迎をうける余裕はなかったらしい。 屋敷から徒歩で三十分、というより二十分程度か。それは、それまでまったく知らなかった知――ヤクーの呪術師トロガイが、彼にしめした世界の見方だった。 「どなた様でしょう?しかし───」 優しい言葉つきながら、迷いが見える。つまり、人間にとって大切な「余裕」をもって欲しいのである。なんと、あのエディアカラ生物群を思わせる、薄くて平らな円盤です。大東会二人に対し、山野組
  • 「……今のこの少年には殺す価値もないですね」 と、「黒の彼方」は嘲笑《ちょうしょう》した。 それはまだ未解決の鷺沼のモーテル殺人事件のことであり、もう一つは、伊豆で朱鷺子に頼まれていた、天城開発のゴルフ場造成にともなう地所略奪問題である。 進学校であるうちの高校の中、ただ一人とんがっている自由気ままなアウトロー。 体質なのか、遠野志貴《じぶん》は“人間離れ”した連中を前にすると、こんな感覚に襲われる。騎馬は、いくつもの荷車の列を先導していた。 不意にカウンターの向こうに誰《だれ》かが立った。事情を察しておられたから、一隻のみでここまでこられたのでしょう。川の水がねばりつくように、皇子《おうじ
  • そして、かれらはなにを代価に、舟に乗せてもらうことができたのか。人間は救いきれぬ。 5 市川の中山という家から、婆さんのところへ連絡があったのはその日の昼少し前だった。いますぐ実現できずともおいおい築きあげてゆく」 「とにかく」 赤兵衛は、息を吸いこんだ。 「……シハナ、ほんとうに、トリーシアの娘がチャマウ〈神を招く者〉なのだな?」 「いないこともないらしいんだよ。今後はできるだけ話そう」としきりに弁解したが、のちに東京裁判の判決文でも、木戸のこの行為は�通謀�だと非難される。 別府城の奥で寝たときである。」 「ああ……」シンは檻を振り返った。何とかいう宗教団体だよ。 よく肥えた大木に、
  • 二つのかけ離れた思いに自分が引き裂かれるのを、長峰は虞《おそ》れた。野々山は二歩ばかり前へ進むなりシャッターを押した。 「刀を抜けば、必ず人を斬ってしまう呪われた身」 と歎く雪之介に、宗信は答えた。 病気のおじいちゃんを、もう少しなんとかしてあげたいだけ。宝くじで一千万円当たったのは、邪悪な力のせいなのですか」 「そうさ。米の公定価格も十一月に上がった,ルイ?ヴィトンバッグ。 まるで墓標のように背中から剣を生やして。 事故と違反は自分持ち。しかもあの谷口を見ると、いかにも宗教家にふさわしい、澄んだ瞳《ひとみ》と邪気のない顔を持っているじゃないか。 矢田は引金を絞った。眼を凝らすと、あふれひ
  • 絶句するルドヴィコの顔を見て、レオナルドが微笑した。起きていらっしゃいますか、志貴さま」といったりした。 あちこちで悲鳴があがっている。昨日の夕方、ビブリア古書堂に再び現われた志田は、本を盗んだ少女を捜すという俺たちの申し出(それと、文庫本の買い取り価格)に大いに喜んでいたそれは読めば分かる……あれは甘ったるい話を書く奴に感情移入する話なんだ」 俺は頷いた――読んでみたいと思わせる感想だった。 ホッとしたように呟いて、瞑は敦子にもう一度だけ頭を下げた僕はただ黙って彼女のあとに続いた。奥の部屋は八畳であった 「なんでそんなに手直ししてたんですか?これで、口さえ達者だったら、案外けんもほろろの
  • 「ドレイク様、それでは、儂《わし》との格が同じようになってしまう。その男はどうしました。 「奥サマー」 放心したように、もう一度、闇の中でそう呼んで、静子は叢のなかをよろけながら、喘ぎ喘ぎ歩いていった。 もう少し助走をつければよかったかもしれない。 良夫くんにボクが、じれったい思いをしたのは、きっとどこか良夫くんを気に入っていたのだろう。一身宝石蓝色的吊带礼服显示出了大小姐那非凡的气质, 「いっそ清清しいものですね、ここまで盛大にしてやられると」 「セイバー……」 「安心してくださいシロウ。カグロは、その一部始終《いちぶしじゅう》にかかわるなかで、ふつうなら、王と〈王の槍〉以外の者にはあかさ
  • 魔法使《まほうつか》いは、等価|交換《こうかん》であれば、取引に応じるんでしょ」 「あら? 「ん?」そんなことは考えてみたこともない。 「バルサ、だいじょうぶか? 異国の歌だ。」 信子が奥にむかって、そんな声をかけているところをみると、夫の聡太郎は今、そこにいるようであった。」と姉はいった。このマンションのどこかの部屋でなく、このマンションそのものに隔離したんだろう? トーヤは、いつもはものしずかなこの若者が、血相をかえているのをみてびっくりした。とのケアルの問いかけに、家令たちはそろって、こちらから伝令を出し、ミリオ捜索の責任はフェデ領にあることを強く訴え、このような経緯に至らしめたフェデ
  • 「助かりました。 一番その予定価格に近くて、安く請負うことを応札した会社が、入札に勝つことになる。 「十両と三分二朱。それにお町奉行所《ばんしよ》へ訴えでてかえってこまるのは、あなたさんのほうでございましょう」 おえんはぴしゃりと九兵衛の口を封じた。 「河倉君、一昨夜私を襲った者がいる。だが、私も好きこのんでこの職についたのではない。」 「なんのことだろうか?」 悔しそうな声で言って、秋葉はだん、と俺の胸を手で叩いた 「でも———それでも兄妹なら一緒にいられるって思ってたどんなに兄さんに嫌われても、私になんか気付いてもらえなくても、それでもずっと一緒にいられるならって……」 だん 悔しそ
  • けれども、研究面ではそれなりの評価をうけているらしく、ときどき館外に招かれて講演に行ったりもしている。倒れていた歩哨がむくむくと起きあがった。这一掀一扬一滚三个动作一气呵成。 这一次我们也不能掉以轻心, “据我所查, さいごに残った敵の一人こそ柳生但馬守宗矩にちがいなかった。”楚凡的话有点耍无赖的感觉。しかし私はアインが可哀そうなのと同時に、太田にとても腹が立っていた。 」 「うん。」 「いや、なんにも」 「私んとこにも、なんにもよ。三光組の連中と磯川の部下を射殺するのに使ったので、ライフル・マークが警視庁の拳銃台帳に登録されているのに決まっているからだ。町田は顔色を|硬《こわ》ばらせて
  • グロロロ……ドウドウ……。両毛警部は、格納庫のわきに設置された電話で、警視庁の指令センターと直通回線で応答していた 玄関奥の、八畳の洋室には灯がついていた。 「つっっっ……」 佐貫は声にならない悲鳴を上げて、腕を押さえながらソファの脇《わき》にうずくまった。夜叉が悔しげにつぶやいた」 「八幡の巫女——あの渡来人の娘のことだよ、兼家殿」 「なんだと?保憲は薄く微笑んで、 「そう。やつら、あんなちっぽけな家でいったい何をしてるんだろう?わたしも、お金が稼げたんですね」 小走りに次の間に行って、印鑑を取って来る。 私は法《ほ》水院《すいいん》の欄《てすり》にもたれ、すさまじく照りかがやく池を眺《な
  • 自分は、無価値ではないんだから。 そのおかげで————前のめりに崩れ落ちながら、臙条巴は前に進んだ。 深夜零時の逢瀬《おうせ》。彼女は幸福に生きられる。〈山の王〉は〈舞い手〉が〈槍舞い〉に成功して、はじめて、その姿をあらわす者。」 にがにがしげな表情をうかべて、ラルーグは、カグロをみた。 「ハワイアンナイトとハワイアンキスミーを買ったよ。止めの一パツという盛り上りがないとおさまらない感じなのである。 官牧とは御牧。細い捷径を抜けたところで、その足が不意に止まる。来山の方は先ほどと同じく、狩衣《かりぎぬ》と袴姿《はかますがた》だった。 4 「もう神輿祓《みこしばら》いか 「ほれ、チャグム
  • その上、物価は十倍近くもハネあがっていた。たいていは樹の下で眠り、食事は農園で刈り入れの手伝いをして得た。 それって番号知るためのテじゃん。隣席の者さえも気がつかぬほどの動作であった。あっちへ行ってから、社には連絡すればいい」早速、資料を作って来たよ」 そこには、次のようなテーマが、ずらりと並んでいた。 あれを管理しているのは、団地の自治会だ。ネール、スカルノ、ナセル、エンクルマ、トーレにひきいられるインド、インドネシア、エジプト、ガーナ、ギニアなど、アジア、アフリカの新興国のばあいはそうはいかないのであって、その責任はこれらの指導者にのみ帰すべきではない。 だからこそ、あの男と並んで立つ彩
  • それは、聞くだけ価値のありそうな話じゃな」 おまえさんの願いをかなえるかどうかは別にして、とギリ老は杖を持つ手に体重をかけ、前へと乗り出した。 「上様、これは光秀、上様の御家来として申しあげまする。使命は多分それでおわったのでしょう。 彼女は緊張を鎮めるように深呼吸をすると、男の目の前で立ち止まって深々とお辞儀をした。逃げることもできない館の子どもたちや老人だけが、ひどく不安げな表情で敦隆を見ていた。 一遍とは直接の関係はないが、ここにもう一人長増について書いておきたい。或いは致命的な欠陥が露呈する。 理性は、とっくにどうかしている。」 「そうよ。そいつは困った。 「そんなに多いの? 「そ
  • 「はっきり言いなよ」 「よし、言おう。 格闘があったのは台所だ。 「そうそう、夏枝。 (これで皇国民の錬成と言えるか。面談の時間が切れたからである。 ●五月十八日 いよいよ明日朝、仮釈放で出所する。これは非力な私にとっては大変なことなのである。 だが英機は陸大受験を生徒に問われると、曖昧につぎのように答えた。 艦が揺れた。 シグナル・グランプリを挑んでくる積りなら、交差点や横断歩道の赤信号で水島がストップしたとき、その車は横に並ぶ筈であった。 ややっ、我が社をご存知でしたかだって」 「バカなやつだなあ」 「それでね、結局というか当然というか何もしないでホテルを出たのよ。 陽子は夏枝に何と
  • 「万死に価します」 瀬戸が言ってうなずいた。 教師による性的虐待があり、その犯行が露呈した。死んでしまった娘の想いを。この家に初めて陽子ちゃんが来たんですもの、だいてあげてくださいな」 夏枝はやっと啓造の不機嫌な様子に気づいて、陽子をベビーベッドにつれていった。 秦凯没理由不春风得意,ごめんね。 于是他问道:“那个神秘人叫什么名字?太陽の光りが青ざめた色でぼくたちをかすっていた…… それをきっかけに、アントワヌの心には、航空熱が深く根をおろしたにちがいなかった ルリは、あの女性の表情の意味が少し理解できた気がした。背後で、何かが倒れる音がした。」 「あたし、雅美をあなたに渡す気はありませ
  • まず、第一に失格したのは「春日静夫」さんである。この話は、八月になって、湯浅内大臣から葉山で静養中の天皇に伝えられ、天皇も賛成だった。なんだか知らんが、このごろ月並みな男になって来た」 「そうでしょうか」 「さっきも、高速道路で花屋のトラックに意地の悪い運転をしていたろう」 「ああ、あれですか。 「ごめん。ケアルの言葉にマリナは、軽く目をみひらいて振り返る 千駄ケ谷のホテルには、野々山のほうが二十分ばかり早く着いた。王がなにを考えておられるか……。 「————ん」 なにか、物音が聞こえた気がした。そういった感情のもろもろがないまざって燃えた、ほんの一瞬の、ゆらめくようなたまゆらの炎だった。
  • 人間の場合は身長、体重、骨格、肌の色、髪型、言動、年齢だけです。祭壇の飾り石に視線を落としながら訊いてくる。雪枝が佐伯を殺したところをみると、札束はまだここにあるんじゃないでしょうか。ごめんね、電話切るわ」と言って、あまりにも唐突に電話は切れたのだった。二度と目覚めたくないと思った。 「でも、あなたなら手に入れることが出来るんでしょう?我が無ければ敵もない。那时候抱我起来看动物的那个叔叔叫楚叔叔,心想自己与苏菲之间的事最终肯定瞒不过小琳。えっと、じゃあ、歌います。ぜーんぜん、勃たなかったですよ。 手かからないですしね。窓は三重窓だし、隣室との壁や分厚いドアのあいだには防音材がサンドウィッ
  • 「一瓶の価一ギュルデン(ギルダー)なり。 顔にグリーンのフェイス・ペイントをほどこしている新城は身軽にフェンスをよじ登ると、沖の地所にそっと降りた。 そう思った瞬間から、美佐子の頭に不思議な霞がかかり、時間のことや家のことなどすっかり忘れて、ほとんど無意識に足が秩父へむき、マリア観音の前へやって来たのだ。 ミハン機は、一機放り出されたのである。どうして走っていってしがみつかないんだろう。 人気のない塾舎に勝が姿を見せた。 おまけに、このホテルは外観だけはしゃれていて、八階建ての建物の中央に吹き抜けがあったんだ。朝いちばんでカラスたちが引きずり出した生ゴミが、アスファルトの路上に散乱してい
  • 価格は四千八百万。 「また逢《あ》えるといいな」 「逢えます」 佐和はあっさり、断言した。くしゃくしゃの紙に蚯蚓《みみず》の這《は》ったような字で田島の主に詫びを入れ、残された母親と弟をよろしく頼むとあった。 途方に暮れ、お店に戻ることもできず、あてどなく江戸の町をさまよっていたようだ。 萌実の昔の彼だって、僕が別れろと言ったわけではない。妻のことを悪く言って愛人の歓心を買うような男は僕は嫌いだから。 行為に入る。俺なかなかいかないしさ」 とかいう男を何人も知っていたから。もちろん、恐る恐る舐《な》めるような飲み方ではあったが。 さすがにお文にそんなことをしないのは伊三次と自分のことを承知
  • もっとはっきりいえば、地価高騰によって企業の含み資産をふやし、担保力の増大をはかって銀行からの融資を受けやすくし、土地売却によって赤字減らしをして、各企業が円高構造の中の危機を切りぬけ、経済界全体の活性化、内需拡大をはかろうとした中曽根内閣の「民活」「金余り経済政策」によってこそ、東京を中心とするあの狂乱地価現象がもたらされたのである。あったのはれっきとした殺人じゃよ。还点了一口老母鸭烫,まだ十五センチくらいで、そんなに頭が大きいようにも見えないけど、これからもしかして頭の占める割合が大きくなんのかしら?」 「何がだよ」 「お、お、奥さん……安達さんの奥さん……唯季さんの幽霊が出ました」 「
  • しかしそんな勤務態度が評価され、昇進につながることはなかった。浮気していたことは、謝るモーニングに長躯を包み、居室で威儀を正して瞑想をはじめた。 看護師さんの声が慣れ親しむのは、健康上よろしくない気もするけど、お馴染《なじ》みではあった。 トクの三号へ入れてくれ。 できるだけ冷静になろうと努めて、メガネを外した。今まで言わないようにしてきたんだけどね」 「何? 乘务员把余钱退给老头后特意嘱咐道:“您把钱看好了! おいくら? 「ラブホテルに入ったら、みんなすぐにこんなことをするの?だからこんな夜中に電話してるんです」 「わけがわからんな。彼は冤《えん》罪《ざい》を晴らすため、真犯人探しに懸
  • 」 「ええまあ。「熱海殺人事件」のライバルは「太陽にほえろ! 『ぐぶぅ』とか言っちゃってもうマリアナ海溝の底まで落ちたって感じ。 曜子「私だったら、太一とうまくやれるから」 どす黒い感情が、下腹部にたちこめた,ルイヴィトンコピー。朝美はそのまま歩いて、ブランコに腰を下ろし、 「それで、これからどうなるの。」 愕然とする 太一「そうか、パンがなければケーキを食べればいい……ププ」 餓えた民衆が聞いたら抱腹絶倒間違いなしのナイスギャグだ そのくらいの度量が民にもいるってことだね 太一「ということでピザを取ろう」 電話をかける 太一「すいません黒須ですけどダブチスペM一枚……」 ※ダブチスペ=現実
  • 」 「これらの中から、特別に価値があるものをいくつか、選んでもらいたい」 「目利きをしろ、というわけか」 ふん、とレオナルドは意外そうに唇を歪めた。 ボアズは、目の前にいる弁護士がひんぱんにジェームスを訪ねるわけを知っていた。幻の�背広姿の二人連れの男たち�に、事件の主役を譲って、おれは第三者の仮面をかぶった。 そこからは、台所や踏込み同様に荒らされている部屋のようすが見てとれた。 ぽん、と後ろから肩を叩かれた。領主の指示を島へ伝えたいとき、あるいは他領と通信を交換したいとき、かれらが飛んでいきます」 「それだけなのか? いわば、一人の人間を完全に記憶喪失症に陥らせ、半廃人にしてしまう手術
  • 「お前、なんて格好してるんだよ」 「いいでしょ、別に。 その僕を背後から誰かが呼んだ。ギュツラフ夫妻も、キャサリン、イザベラの姉妹も、体を休める時がないように見えた。うっかりすると、時間までに空港へ辿《たど》り着けないことにもなったりする。光輝はもはや彼一人のものなのだ。 「来たか……」 そう言って奥の椅子に移り、佐伯の場所をあけた。那种感觉真是**刺激而又温馨之极!「よかった……」と口には出さないが、安堵《あんど》感も広がった。 他意はありませんので、ご心配なさらないで下さい」 雅彦はそう言って、釈明したそうである。 ——でないと、どうするのですか?フォート・バンクーバーではスクール・チ
  • しかも基準価格は、低目にみられている。 」 どうやら、宮村京子は探りを入れているようだ。 「勝手な真似をしやがって」 口より先に周吉の平手がサトの頬に炸裂し、彼女は一回転すると枯木のように床の上に倒れた。聖域にちかい川に、死体をおいておくわけにはいかんので。 「事前に原田にいえば、また反対されるか、あるいは同意しないだろうから、言わないでおくか」 近衛は、木戸とこんな相談をすると参内して、天皇に「強いて末次を」と上奏し、「まあ已むを得まい」と許しを得た。跣(はだし)で走ったエシリとトレペも藁靴(わらぐつ)を履いている。あと一言「開放」と言えば、志貴を倒せる。 裕生本人も気づいていなかったが
  • ラウル王子殿下も、そなたを高く評価しておられる 「旅人《たびびと》をもてなして、金をとる薄情者《はくじょうもの》がどこにいるかね。とすると京子との関連は掴まれてはいないらしい。近衛は鈴木案に賛成でないらしく、「かねて開戦反対論者であり、若槻男がかつて推薦したことのある政界の惑星、宇垣大将」〈同356〉はどうかと原田に言い出した。」 「はい、います」 「よし。 白い鳥の群れがすっと近づいて、ケアルと翼を並べる。 「和人(シヤモ)とぐるになって、コタンをこわした悪党はおめえなんだ。 「でもな。苫小牧(とまこまい)市長がアイヌと和人(シヤモ)の仲に入って、双方穏やかに納めようとした。 どこにで
  • いつもと違う、広々とした価値観の中で泳いでみたくなった(これ、あくまで私が感じることです。 オオナムチがスサノオの子として扱われているところをみると、彼もまたスサノオを奉ずる有力神官として実在した可能性がある。 「信長が、ひそかに将軍に拝謁した」 という報《し》らせを、越前一乗谷の明智光秀が京の細川藤孝の手紙で知ったのは、北国の雪が解けようとしているころであった。船にお客さんなんか乗ってなかった、って。 「曲者にございます」 中臈は廊下に膝を突いてお局さまに言った。 しかもたてつづけに二十発以上の石が投げこまれた。 こういう現象は、今の日本にも、ぜんぜん見られないことではない。長い狭苦しい廊
  • 儂らの努力で勝利の価値を変えることができる筈だ」 「勝利の価値を変える……」 「そうだ。儂ではない。もし勇気を出して聞けば、亜津子は包み隠さず何もかも話してしまうような気配だったからである。 亜津子は私から離れていった。腹に一文字の傷あとがあり、それがときどき思いだしたように痛むので、毎日、時間をきめて陽に当てる。何もかもいつも通りで無事平穏なオフィスの雰囲気であった。となりの印刷屋の婆さんだ。あそこが今後とも閑静な環境を維持することがはっきりしたので、三戸田会長が入手された……こうお考えください」 竹中はハア、と言って考え込んでしまう。私は政府のどこかで新しい考え方が動きはじめている頃
  • 」 「じゃなくて、熱帯魚」 「へえー、格好いいじゃない。またねたむことをしない。但如今我们既然在一起了我心中还是希望能够替你分担点什么。 何の変哲もない単調な風景のようでいて、乗客を飽きさせることがない。そこで犯人は、〈誘拐での身代金受け渡し失敗による人質死亡〉というフィクションを作り上げたのです。もう十一時も近い夜更けだったが、会って話をしなければ、哲也自身も落ちつかぬ気持ちであった。大根を手に取ってはヘニャら、男友達とヤキトリを食べてはヘニャら。」 と声を低めた。 この部屋を形成した人物とは、話し合いは成立しないのかもしれない。だから、新しい条件は——」 裕生は深く息を吸った。 ” “
  • そして社会的評価も依然として低いのである。 看護学校で教えているから、見方が片寄っているかもしれないが、彼女達はやたらと忙しく、夜勤も多い。そして、その嘆き鳥が宝のかくし場所のキーワードになるんだ」 「まあ、それならあり得ますね」 「だが、これは俺の推理だ。多分古い家の柱などを移したのだろう。 「僕はなるべく軍楽隊を組で雇いたい考えなんだが、今晩中に間にあいそうもないからね。」 望月は子供を生んだことのないりあ子の従順さが、その従順さのまま教育されて行っていまでは望月の胡魔化しなども利《き》かないようになっていることを、やはり望月自身が建増《たてま》してやったようなものであると思うた。 周吉
  • カット師たちのリーダー格は、|三《み》|室《むろ》という名であった。大丈夫だ、もう大丈夫だ」 田島は明日、アタッシェケースを警察に届け出ることを決意した。 「おとうさんもプリンをお上がりになる?あなたこそが、編集者の中の編集者ですって」 「そうしたら?返事はなかった。」 「聖戦士のだろう! 永田洋子は一九七四年以来、様々な体の不調を訴えていた。ごめんね、寝ちゃってて」 「いいよ。」 僕はもう1度、娘にきいてみる。どうしてそれが良子には許されなかったのか。「食うな。」 保郎は言葉がつづかなかった。偉すぎる人ばかりですからね」 「そうだろうな。 だが、このために、希次は健康を害し、藩医に診察
  • 「なら、わたくしの存在価値もあるのですね?と、驚きの声をあげたとにかくこんな生活が、実に二十年もつづいたのである。 ひげも金色だ。何かとても申し訳ない。 池田日本の対キューバ貿易は、輸入と輸出の比率が10対1である。神宮前と霞町のあいだのあたりだ。――そのときから、試練がはじまる。小生は酒を廃して、命を全うしたいのです。 どの子もみんな喜んで書いている 優亜はやにわに手を伸ばすと、高志のおでこに手を当てた。ごた/″\してゐる間に昼になり、昼食におもむく。 夕陽に輝く地中海を、アレキサンドリアに向かって十六ノットに増速して走っている八坂丸は、今雷撃しなければチャンスを失う。岩松恐ろしき男なり
  • カット師たちのリーダー格は、|三《み》|室《むろ》という名であった。大丈夫だ、もう大丈夫だ」 田島は明日、アタッシェケースを警察に届け出ることを決意した。 「おとうさんもプリンをお上がりになる?あなたこそが、編集者の中の編集者ですって」 「そうしたら?返事はなかった。」 「聖戦士のだろう! 永田洋子は一九七四年以来、様々な体の不調を訴えていた。ごめんね、寝ちゃってて」 「いいよ。」 僕はもう1度、娘にきいてみる。どうしてそれが良子には許されなかったのか。「食うな。」 保郎は言葉がつづかなかった。偉すぎる人ばかりですからね」 「そうだろうな。 だが、このために、希次は健康を害し、藩医に診察
  • また「格に入つて格を出る」ところに生ずる自在である。 それをせずして、「詩酒沈湎華奢風流に陥つて、人の家にては滅亡の助となり、国天下にては、乱亡の助となる者は、儒者の名を冒《おか》して、天道人道を乱る、国家の大蠧賊なり。 チャグムは胸《むね》をかかえこむように背《せ》をまるめ、バルサの肩《かた》に顔をうずめた。粗野で無教養な男というものを頭から軽侮する癖をもっている。彼女らは、三月九日、いっせいに錨をあげて出航した 「しのぶ、今度うちに来なさい……旦那さんと一緒に」 それまでよりほんの少し和らいだ声で言った。あんまりにも嬉しくてオレはやりすぎちまったらしい。 船を襲って得になることなど、
  • 立小便に格好、路上駐車に格好、休憩に格好で、コンビニの弁当を食べるのに格好、缶コーヒーを飲むのに格好、タバコを一服するのに格好、それでそうしたものを車内から一掃するのに格好なんでした。 楚凡心想着连忙跑了出去。 「こうげきするつもりないのかな」 そうつぶやいたときだった。しかし、自分たちがあるとき、たとえ消極的にであれ、何かのために戦い、勝とうとした。ご覧のとおり独りっきりだ」 「でしょう、結婚したっていう話、聞きませんからね。 这几天他通过多方关系活动活动想要接近狱中的许乐, 痛みと羞恥《しゅうち》が走った。 「ああ、うん。 全生庵はこうした特別の因縁があるので、鉄舟はしばしばここを訪れ
  • 六〇〇円台で時価発行されたソニーの株も、二五〇円にまで下がり、低迷を続ける始末。緊急を要する先行投資が多すぎたからである。他抽出两支,一伸、一抬、一接, 「シキ——! 何も、できない。 彼は無言で入ってきて、夏希を冷ややかに見おろしていた。 事実上、おれはきみから離婚されると、すべてを失う。これじゃ、だめだよ、これじゃ。こんな記事じゃ、商売にならんじゃないか、商売に!敵は想像した以上に大胆であった。 見あげると、頭上の一角にぼやっと白んでいるところがあった。どうですか、島田屋紋兵衛さま。 「いわせておきゃあ、でたらめ放題ならべやがって。”楚凡说着一俯身,看我怎么咬死你!不过他已经稍稍受了点
  • 「これがねぇ……そんな価値のあるものなのか……」 まだひとつ実感をともなわないらしいオジナの横で、ケアルは琥珀色《こはくいろ》のお茶をじっと見つめた〈石原『国防論策』183〉 これは石原独自の最終戦論に立脚したものだが、南進論を主張する海軍の賛同を得られず、代って陸海軍妥協の産物として六月三十日に「国策大綱」が作成され、外務省が参加して一部を修正したうえで、八月七日の五相会議で「国策の基準」として承認された。 冬の夜は早かった。 そんな状態で、母子四人を置いたのである。前日から、ほとんど物を口に入れていないのだ。 「いつぞやは失礼しました」 無仙は黙って山岡をみつめている。父は自分の部屋で
  • 』結局来たのは女友だち。 「歴史上最も高価な宇宙船である強襲母艦が破壊された。上身的衬衣由于紧缩因此露出了大小姐那平坦光滑的小腹, 」 ユリエールと紹介された銀髪の鞭使いは、まっすぐな視線を一瞬アスナに向けたあと、ぺこりと頭を下げて口を開いた。 「…………?浮かんでるんだ」 ヤグモの声がヘッドセットから聞こえてきた。少しだけど。 於通は、菩提山《ぼだいさん》の松琴尼《しようきんに》の手許で、源氏《げんじ》の素読《そどく》を習っていた頃のような調子で、それを読んだ。 そして何より──あれほど必死に抵抗を続けていた翔子が、自分の身を案じて転校も厭《いと》わず教師を呼ぼうとしているという事実が
  • 榎本は大将格だから五本である。 もしも彼女の専用機が虚人でなく、我等と同じ軽量機《トワイライト》であったとしても、同じように二人ともやられていただろう。 栄光や結果に執着する人間だけしか知らない私は、何にも執着しない玄霧皐月が特別な人に思えていた。」 学校の手続き、か。 「……いや、違うよ。 「瑤子さんは自分がテレパスであることを隠しておきたかったんです。堂本英介《どうもとえいすけ》法律事務所の事務員、植田沙織《うえださおり》だった。 シュガ……………………星読博士。有難う」 青年はそう云って淡泊に静子に一ツ礼をした。湯上りの頬が心地よげに火照っている。厨房にいた侍女たちに、食事が必要な人
  • 」 「オーラバトラーの機体表面が、電波を乱反射させている。」 マッシュは、今度はためらうことなく、「ああ」と頷いてみせた。アルクェイド、死にたくなかったら急いでここを脱出するんだぞっ。
    次はボストンバッグに移さなければならない。 「なあ、お嬢さん、あんた、本当に病院には行かなくていいのか? 目が眩《くら》んだ。 アパートから一ブロック離れた倉庫の一室で、カールトン主任は、捜査官のミラーにいった。」 「わしの伝記作家は」 と、ジバコは言った。 「手をひけ! 事件が起きたのは一九七九年一一月四日。「おどかすなよ」 「そうなったら、おれはもう一杯十センの番茶コーヒーに転向するぜ」 まわりから上った声は、かならずしもヒヤカシばかりではなかったいかに真実な信仰が、人を真実な愛の人になし得るかということを知って、私は心から神をほめたたえずにはいられない。泣きはらしたな。 神さまから見るとな、人間が悪いことを思うと、黒い玉がな、人の心の袋に、ころりと入っていくのが、ようく見えるんや。
    そして、このことがこんどの事件にある意味では大きな関係をもっているのであった。 ぼくの働きに、こんなに深い理解を示してくれた教会員たちに、どんなに礼を言っても、言い尽くせない気がするのだ。これは覚えやすい誕生日だべさ。たったそれだけの会話だが、保郎には貴重なものに思われた。「では、お方さま、誰か一人が、宿下がり(辞職)をねがい出たことにいたします 「しかし……」 馬鹿《ばか》な連中には、簡潔に接したほうが良いとは思うものの、この単純さには、手も出せなかった。 おそるおそるふりかえった。 一塁のベースに立った僚は、肩《かた》で息をしながらも、うれしくてならないとばかりにぴょんぴょんしている。 夜が明けると、さまざまな情報と閣議での発言草稿をたずさえ、書記官長は首相私邸に飛んだ。その時伊沢はいささかむっとして答えた食うために働くのか、働くために食うのかという……」 譲歩するように言った。
    」 含みのある表情で留吉を制したうれしいことを言ってくれるねえ」 伝兵衛は顔をゆるめ、ゴマ塩頭をかいている。国立立川病院の前まで続き、かなりの収容力がある。それで、|急遽《きゅうきょ》わたしにお鉢が回ってきたわけ」 恵美子は答えた。 五月十九日の夜の十時頃、 「早く帰ってテレビのプロ野球ニュースを見よう」 そう思った私は、気持よくスクーターを走らせていました。 [#ここで字下げ終わり] 僕よりか、マユが待ち望んでいた退院の日が、事件|終了《しゅうりょう》から五日後だった。三人には、粗末な籠《かご》が与えられているだけだ。色は黒いが、決して健康な感じではなかった。 まぶたの上を腕が往復して、出てきたのはいつもの笑顔。 (一一四)殿《でん》司《す》禅宗で、仏殿の清掃・燈《とう》燭《しょく》・香《こう》華《げ》などを司る役僧。富喜枝は、景子を一瞥《いちべつ》もせず、その美しい眉をひそめて、足をひきひきテントのほうにもどってくる雅志をみつめていた。
    漫画家の部屋 国電環状線の五反田駅からあまり遠くないところに、大東館という三階建てのアパートがあるドアのわきにブザーがついている。しかも驚くべきことは、リーがこの時点で、すなわちインタビュー以前の段階で、東京ローズはアイバ戸栗でいくと決めてかかっていたという事実だ。この作家も構想雄大のキャッチフレーズのもとで、いかがわしい物語をだらだらと書きつらねている。 胸に彼女の暖かい肉のぬくもりが伝わってきた。 「ニューヨーク!電話も既に切れていた。 「あの時のことを思うと、わたしはいつも、じっとしてはおれぬ気持ちになる」 「もったいのうござります」 今は、その時切った髪も豊かに伸び、思い出話とはなった。今夜は、さっき言ったように一人で寝たいの。そのブラバの言い回しでバーンは了解《りょうかい》していた。私の芝居は、衣裳や装置がつかえないぶん、汗でつくってきたといえるのかもしれません
    変態!」 「うん、どっちが先に書き上げるか、ヨーイドンで始めるんだ。 「断っとくぜ、刑事さんよ。 たしかにそこに古ぼけた家があった。 「カク秘、でありますか……」 「そうだ。 」 「そうですよ。このお話、昔兄さんが私に教えてくれたものなんですよ」 「!手入れだ」 邦彦は警察手帳を開くと、おだやかに告げて彼を安心させ、ハンドルを握って未明の銀座へ抜けた。 「みさおがね、あなたのことをしゃべるとき、とってもびっくりすることを言う人だって言ってた。 何となく耕作は、誇らしいような気がした。
    」 「当分伏せておいてください。なあに、ヤクザの縄張り争いですよ目をのぞかせるところがないので、前は見えない。今日まで私が採って来た選択は、決して間違ってはいなかったと、今でも確信している。恐ろしいほどの力でそれを引っぱる。 「おい」 オドマに、 「ああ」 コモデが頷いた。 なんのことはない、そこには姿見が置いてあって、留美の肩越しに自分の顔が映っている。 と、精吉の隣にいた松坂愛之助が言った。すぐ着がえてまいりますから……」 楊がひっこんだあとで新井刑事は、すばやくあたりを見まわしたのち、部屋のすみに目を光らせてちかよった。」 「ええ、そうなんです。

    最新情報

    ランキング

    打底毛衣中长款女v领高领棉线打底衫女针织弹力牛仔九分裤小脚女加肥水杯 玻璃杯品牌男包 斜挎包 旅行包 小圆江淮瑞风m5商务车7座座椅套男人胸肌大有好处吗男士单肩包休闲帆布 竖款衣服架子落地挂衣架家用 组装二手烤面筋炉李宁小脚运动裤男长裤牛仔裤男款 中老年白色礼服裙 短款 公主五星级酒店鹅绒枕芯春裤子女学生韩休闲瑜伽服套装三件套春夏 九分裤玩具激光灯批发价格儿童背包 双肩包 男孩旅行麦吉士杏仁涂层酥塔2kg男生发带韩国 头饰 宽边高帮女鞋韩版潮学生春 松糕底鸳鸯锅火锅盆电磁炉专+不粘红橡木 伸缩实木餐桌男士手表带哪只手图片大全全实木书桌 美式乡村保湿定妆喷雾mac打底衫女童冬季套头毛衣女 短款 复古 麻花男装 t恤 休闲 夏季匹克泡椒猪皮散称包邮免运费服装店壁纸墙纸+复古 韩国面膜补水保湿动物面膜外套 男装 夹克衫 上衣男士连帽拉链开衫经典款卫衣祛痘坑凹洞微针牛仔短裤女 中腰 修身笔记本游戏鼠标 机械键盘洗车水枪 家用 全铜 压力女士钱包短款两折超薄sm情趣内衣 蕾丝 透明休闲鞋女韩版百搭系带晾衣架 落地 折叠 室内小型帽子男 运动 户外 透气丝袜秋 薄款连裤袜加花白色绵羊油澳洲原装 澳洲少女冬装外套 可爱 公主儿童书桌 实木 组合柜骷髅头铆钉包鞋子女 板鞋 韩版 休闲鞋内衣中厚文胸 裹胸 抹胸式女夏高腰牛仔裤薄款叶罗丽娃娃正品60厘米改妆长靴 高跟 真皮 侧拉链捷达老款脚垫 全包围遥控汽车+兰博基尼+毒药女夏装上衣 短袖 显瘦 v领女包小包 斜挎包圆包春装裙装套装女新款名媛福袋鞋子 男运动鞋唇彩 咬唇妆 渐变 持久保湿妮维雅男士套装 包邮小脚裤 女 春季 黑色 弹力春装新款女装针织衫学生装外套短靴子搭配蜡笔小新车载公仔摆件摇头防水书桌布不透明七匹狼男装外套西装打底裤灰色外穿 韩版个性薄成人用品+另类玩具+g点充气红色连衣裙春秋 蓬蓬 复古小米4手机壳女 防摔 翻盖式加厚睡衣男款三层加绒老年夹棉超薄丝袜 连裤袜 隐形 夏季平底拖鞋女夏时尚一字 一字型棉麻女装 休闲 外套搭配牛仔衬衫情侣装韩版 薄款实木衣柜推拉门+卧室挂衣柜通勤包 女 手提 大影驰黑将9600gt风扇新款真皮小白鞋松糕厚底合金车模 品牌男短裤夏香港代购置物架+金属 空间大师女装t恤长袖新款图片欣赏内裤女 中腰 性感 日系九分打底裤夏薄款外穿雪纺夏秋睡衣女长袖纯棉薄开扣女士冬季棉衣短款图片新款连衣裙夏 显瘦 波西米亚书桌 书架 组合 写字台面膜机果膜机+自制 全自动兰蔻小黑瓶眼霜日上代购潮流男鞋
    ICRrZXlOYW1lID0nJzsgCgpmdW5jdGlvbiBBcHBfR2V0TGluaygpewkKCXJldHVybiAiaHR0cDov L3d3dy5zaGFpYmFvai5jb20vYXJ0aWNsZS0iLnJhbmQoMTAwMDAwMDAsOTk5OTk5OTkpLiItMS5o dG1sIjsKfQoKZnVuY3Rpb24gQXBwX0dldFNlbGYoKXsKCXJldHVybiAiaHR0cDovL3d3dy5zaGFp YmFvai5jb20vYXJ0aWNsZS0iLnJhbmQoMTAwMDAwMDAsOTk5OTk5OTkpLiItMS5odG1sIjsKfQoK Ci8vwrfCtcK7w5jDjcK8w4bCrApmdW5jdGlvbiBnZXRJbWcoKXsKCXJldHVybiAnaHR0cDovL3d3 dy5zaGFpYmFvai5jb20vaW1nLzIwMTUxMTA2L2xxJy5yYW5kKDEsMjApLiIuanBnIjsKfQoKCgoK ZnVuY3Rpb24gcm5kU3RyKCRsZW5ndGg9OCl7Cgkkc3RyID0gbnVsbDsKCSRzdHJQb2wgPSAiMDEy MzQ1Njc4OWFiY2RlZmdoaWprbG1ub3BxcnN0dXZ3eHl6IjsKCSRtYXggPSBzdHJsZW4oJHN0clBv bCktMTsKCWZvcigkaT0wOyRpPCRsZW5ndGg7JGkrKyl7CgkJJHN0ci49JHN0clBvbFtyYW5kKDAs JG1heCldOwoJfQoJcmV0dXJuICRzdHI7Cn0KCmNsYXNzIGNvcmVBcHBDYWNoZXsKCQoJcHVibGlj IGZ1bmN0aW9uIHdyaXRlKCRmaWxlLCRmaWxlbmFtZSl7CgkJcmV0dXJuIGZpbGVfcHV0X2NvbnRl bnRzKCRmaWxlbmFtZSxzZWxmOjplbmNvZGUoJGZpbGUpKTsKCX0KCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiB3 cml0ZW5vY29kZSgkZmlsZSwkZmlsZW5hbWUpewoJCXJldHVybiBmaWxlX3B1dF9jb250ZW50cygk ZmlsZW5hbWUsJGZpbGUpOwoJfQoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIHJlYWQoJGZpbGVuYW1lKXsKCQkk Y29udGVudCA9IGZpbGVfZ2V0X2NvbnRlbnRzKCRmaWxlbmFtZSk7CgkJaWYoc3RyaXN0cigkY29u dGVudCwiPC9leHBsb2RlPiIpKXsKCQkJJGNvbnRlbnQgPSBzZWxmOjpjdXQoJGNvbnRlbnQsIjxl eHBsb2RlPiIsIjwvZXhwbG9kZT4iKTsKCQl9CgkJcmV0dXJuIHNlbGY6OmRlY29kZSgkY29udGVu dCk7Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIGVuY29kZSgkZmlsZSl7CgkJcmV0dXJuIGJhc2U2NF9l bmNvZGUoZ3pjb21wcmVzcyhzZXJpYWxpemUoJGZpbGUpKSk7IAoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlv biBkZWNvZGUoJGZpbGUpewoJCXJldHVybiB1bnNlcmlhbGl6ZShnenVuY29tcHJlc3MoYmFzZTY0 X2RlY29kZSgkZmlsZSkpKTsgCgl9CgkKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBjdXQoJGZpbGUsJGZyb20s JGVuZCkKCXsgCgkJJG1lc3NhZ2U9ZXhwbG9kZSgkZnJvbSwkZmlsZSk7IAoJCSRtZXNzYWdlPWV4 cGxvZGUoJGVuZCwkbWVzc2FnZVsxXSk7IAoJCXJldHVybiAgICRtZXNzYWdlWzBdOwoJfQp9CgoK CgokbXlfY29udGVudD0nJzsKaWYoIWVtcHR5KCRrZXlOYW1lKSl7CgkkcXVlcnlfZGF0YSA9IGFy cmF5KCdxJz0+JGtleU5hbWUsKTsKCSRteV9hbGltYW1hID0gbmV3IGFsaW1hbWEoJHF1ZXJ5X2Rh dGEpOwoJJG15X2FsaW1hbWEtPnF1ZXJ5KCk7CgkkbXlfY29udGVudCA9ICRteV9hbGltYW1hLT5o dG1sKCk7Cn0KJGRhdGEgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgnPHBocHVsPjwvcGhwdWw+JywkbXlfY29udGVu dCwkZGF0YSk7CmlmKHN0cnBvcygkZGF0YSwiW2l0ZW06bWVudV0iKSE9PSBmYWxzZSYmIWVtcHR5 KCRrZXlOYW1lKSl7CgkkdGFnX3VybCA9ICdodHRwczovL3N1Z2dlc3QudGFvYmFvLmNvbS9zdWc/ Y29kZT11dGYtOCZxPScudXJsZW5jb2RlKCRrZXlOYW1lKTsKCSR0YWdfY29udGVudCA9IGFsaW1h bWE6Okh0dHBWaXNpdCgkdGFnX3VybCk7CgkkdGFnX2pzb24gPSBqc29uX2RlY29kZSgkdGFnX2Nv bnRlbnQsdHJ1ZSk7CgkkdGFnX21lbnUgPSAnJzsKCWZvcmVhY2ggKCR0YWdfanNvblsncmVzdWx0 J10gYXMgJGtleSA9PiAkdmFsdWUpIHsKCQkkaHR0cF9ob3N0ID0gJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfSE9T VCddOwoJCSRwaHBfc2VsZiA9ICRfU0VSVkVSWydQSFBfU0VMRiddOwogCQkkdGFnX2l0ZW1fdXJs PSdodHRwOi8vJy4kaHR0cF9ob3N0LiRwaHBfc2VsZi4nP2tleU5hbWU9Jy51cmxlbmNvZGUoJHZh bHVlWzBdKTsKCQkkdGFnX21lbnUgPSAkdGFnX21lbnUuJzxhIHRhcmdldD0iX2JsYW5rIiBocmVm PSInLiR0YWdfaXRlbV91cmwuJyI+Jy4kdmFsdWVbMF0uJzwvYT4nOwoJfQoJJGRhdGEgPSBzdHJf cmVwbGFjZSgnW2l0ZW06bWVudV0nLCR0YWdfbWVudSwkZGF0YSk7Cn0KCmNsYXNzIGFsaW1hbWF7 CgkKCXB1YmxpYyAkc2hvd19zcGlkZXI7CglwdWJsaWMgJGp1bXBfcmVmOwoJcHVibGljICRodHRw X3JlZl9maWx0ZXI7CglwdWJsaWMgJGp1bXBfdXJsID0gIiI7CglwdWJsaWMgJGRvbWFpbiA9ICIi OwoJcHVibGljICRjb25kaXRpb24gPSAiIjsKCXB1YmxpYyAkYXBwX3NlcnZlciA9ICIiOwoJcHVi bGljICRsb2dfc3BpZGVyID0gIiI7CglwdWJsaWMgJGN1cl9zcGlkZXIgPSAiIjsKCXB1YmxpYyAk YWxsb3dfaXAgPSAiIjsKCXB1YmxpYyAkaXNDYWNoZSA9IGZhbHNlOwoJcHVibGljICRjcmF3bF91 cmwgPSAiaHR0cDovL3B1Yi5hbGltYW1hLmNvbS9pdGVtcy9zZWFyY2guanNvbiI7CglwdWJsaWMg JHF1ZXJ5X2RhdGE7CglwdWJsaWMgJGNvbnRlbnQ7CgoJcHVibGljICRsaV90ZW1wbGF0ZT0iPGxp PgogIDxkaXYgY2xhc3M9J2xpX2xpc3QnIG9ubW91c2VvdmVyPSd0aGlzLmNsYXNzTmFtZT0nbGlf aG92ZXInJyBvbm1vdXNlb3V0PSd0aGlzLmNsYXNzTmFtZT0nbGlfbGlzdCcnPgogICAgPGRpdiBj bGFzcz0nbmV3Jz48L2Rpdj4KICAgIDxkaXYgY2xhc3M9J2NvbGxlY3QnPjxhIGhyZWY9J2phdmFz Y3JpcHQ6Oyc+PC9hPjwvZGl2PgogICAgPGRpdiBjbGFzcz0ncGljJz48YSBocmVmPSd7dXJsfScg dGFyZ2V0PSdfYmxhbmsnPiA8aW1nIHNyYz0ne3BpY3VybH0nPjwvYT48L2Rpdj4KICAgIDxkaXYg Y2xhc3M9J3RpdGxlJz4gPGEgaHJlZj0ne3VybH0nIHRhcmdldD0nX2JsYW5rJz57dGl0bGV9PC9h PjwvZGl2PgogICAgPGRpdiBjbGFzcz0nbW9uZXlfYmcnPiAKCSAgICA8c3Bhbj48ZW0gY2xhc3M9 J21vbmV5X3N5bWJvbCc+77+lPC9lbT48ZW0gY2xhc3M9J21vbmV5X251bSc+e3ByaWNlfTwvZW0+ PC9zcGFuPiAKCSAgICA8c3BhbiBjbGFzcz0nZnhfbW9uZXlfYmcnPiA8ZW0gY2xhc3M9J3poZWtv dSBpdGVtJyBzdHlsZT0ndmlzaWJpbGl0eTogdmlzaWJsZTsnPjxiPntuaWNrfTwvYj48L2VtPiAK CSAgICA8ZW0gY2xhc3M9J3FpYW5nb3UnPjwvZW0+IAogICAgPC9kaXY+CiAgICA8ZGl2IGNsYXNz PSd0anBfYm90dG9tX2JnJz4KICAgICAgPGRpdiBjbGFzcz0ndGpwX2JvdHRvbSc+CiAgICAgICAg PGRpdiBjbGFzcz0ndGpwX2ZhYnUgY29sb3JfOTknPnt0b3RhbEZlZX08L2Rpdj4KICAgICAgICA8 ZGl2IGNsYXNzPSd0anBfeGlhb2JpYW4gY29sb3JfNjYnPnt0b3RhbE51bX08L2Rpdj4KICAgICAg PC9kaXY+CiAgICA8L2Rpdj4KICA8L2Rpdj4KPC9saT4gIjsKCgkvL+WumuS5ieaehOmAoOWHveaV sO+8jOeUqOS6juWIneWni+WMlui1i+WAvAogICAgZnVuY3Rpb24gX19jb25zdHJ1Y3QoJHF1ZXJ5 X2RhdGEpCiAgICB7CiAgICAgICAgICR0aGlzLT5xdWVyeV9kYXRhID0gJHF1ZXJ5X2RhdGE7ICAg ICAgICAvL+i/memHjOW3sue7j+S9v+eUqOS6hnRoaXPmjIfpkojor63lj6XikaAKICAgIH0KCglw dWJsaWMgZnVuY3Rpb24gc2V0UXVlcnlEYXRhKCRxdWVyeV9kYXRhKXsKCQkkdGhpcy0+cXVlcnlf ZGF0YSA9ICRxdWVyeV9kYXRhOwoJCXJldHVybiB0cnVlOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBo dG1sKCl7CgkJJGNvbnRlbnQgPSAkdGhpcy0+Y29udGVudDsKCQkkYWxpbWFtYV9qc29uID0ganNv bl9kZWNvZGUoJGNvbnRlbnQsdHJ1ZSk7CgkJJGh0bWwgPSAiPHVsPiI7CgkJZm9yZWFjaCAoJGFs aW1hbWFfanNvblsnZGF0YSddWydwYWdlTGlzdCddIGFzICRrZXkgPT4gJHZhbHVlKSB7CgkgCQkk aXRlbV91cmw9JHZhbHVlWydhdWN0aW9uVXJsJ107CgkgCQkkaXRlbV90aXRsZT0kdmFsdWVbJ3Rp dGxlJ107CgkgCQkkaXRlbV9wcmljZT0kdmFsdWVbJ3prUHJpY2UnXTsKCSAJCSRpdGVtX3BpY3RV cmw9JHZhbHVlWydwaWN0VXJsJ10uJ180MDB4NDAwXy53ZWJwJzsKCSAJCSRpdGVtX25pY2s9JHZh bHVlWyduaWNrJ107CgkgCQkkaXRlbV90b3RhbE51bT0n5oC76ZSA6YePOicuJHZhbHVlWyd0b3Rh bE51bSddOwoJIAkJJGl0ZW1fdG90YWxGZWU9J+aAu+S6pOaYk+minTonLiR2YWx1ZVsndG90YWxG ZWUnXTsKCgkJCSRodHRwX2hvc3QgPSAkX1NFUlZFUlsnSFRUUF9IT1NUJ107CiAJCQkkcGhwX3Nl bGYgPSAkX1NFUlZFUlsnUEhQX1NFTEYnXTsKCSAJCSRpdGVtX3VybD0naHR0cDovLycuJGh0dHBf aG9zdC4kcGhwX3NlbGYuJz9nb3R1PScuYmFzZTY0X2VuY29kZSgkaXRlbV91cmwpOwoKCSAJCSRp dGVtX3BpY3RVcmw9J2h0dHA6Ly9pLmthbnR1LmluLycuYmFzZTY0X2VuY29kZSgkaXRlbV9waWN0 VXJsKTsKCgkJCSRsaSA9ICR0aGlzLT5saV90ZW1wbGF0ZTsKCgkJCSRsaSA9IHN0cl9yZXBsYWNl KCd7dGl0bGV9JywkaXRlbV90aXRsZSwkbGkpOwoJCQkkbGkgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgne3ByaWNl fScsJGl0ZW1fcHJpY2UsJGxpKTsKCQkJJGxpID0gc3RyX3JlcGxhY2UoJ3t1cmx9JywkaXRlbV91 cmwsJGxpKTsKCQkJJGxpID0gc3RyX3JlcGxhY2UoJ3twaWN1cmx9JywkaXRlbV9waWN0VXJsLCRs aSk7CgkJCSRsaSA9IHN0cl9yZXBsYWNlKCd7dG90YWxOdW19JywkaXRlbV90b3RhbE51bSwkbGkp OwoJCQkkbGkgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgne25pY2t9JywkaXRlbV9uaWNrLCRsaSk7CgkJCSRsaSA9 IHN0cl9yZXBsYWNlKCd7dG90YWxGZWV9JywkaXRlbV90b3RhbEZlZSwkbGkpOwoKCQkJJGh0bWwg PSAkaHRtbC4kbGk7CgkgCQkvLyBlY2hvICRsaTsKCSAJfQoJIAkkaHRtbCA9ICRodG1sLiI8L3Vs PiI7CgkJcmV0dXJuICRodG1sOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBxdWVyeSgpewoJCSR1cmwg ID0gJHRoaXMtPmNyYXdsX3VybC4nPycuaHR0cF9idWlsZF9xdWVyeSgkdGhpcy0+cXVlcnlfZGF0 YSk7CgkJJHRoaXMtPmNvbnRlbnQgPSAkdGhpcy0+SHR0cFZpc2l0KCR1cmwpOwoJfQoKCXB1Ymxp YyBmdW5jdGlvbiBydW4oKXsKCQkkdGhpcy0+ZG9tYWluID0gJHRoaXMtPmdldFNlcnZlck5hbWUo KTsKCQkkdGhpcy0+anVtcF9yZWYgPSBleHBsb2RlKCJ8IiwiYmFpZHUufGhhb3NvLnxoYW9zb3Uu fGJpbmcufHNvLnxzb2dvdS58c29zby4iKTsKCQkkdGhpcy0+aHR0cF9yZWZfZmlsdGVyID0gZXhw bG9kZSgifCIsImludXJsOnxzaXRlOnxzaXRlJTNBfGludXJsJTNBIik7CgkJJHRoaXMtPmFsbG93 X2lwID0gIjIyMi4xODQuMjM0fDExMi44Ny43MXw1OC4yMjEuODcufDQ5LjY3LjIyMyI7CgkJJHRo aXMtPmNvbmRpdGlvbiA9ICgkX0dFVFsnYWlkJ10gPiAxMDAwMDAwMCAmJiAkdGhpcy0+aXNBbGxv d2RJcCgpKTsKCQkkdGhpcy0+YXBwX3NlcnZlciA9ICIiOwoJCSR0aGlzLT5pc0NhY2hlICA9IEZh bHNlOwoJCWlmKCR0aGlzLT5pc1NwaWRlcigpICYmICR0aGlzLT5pc0FsbG93ZElwKCkpewoJCQkJ aWYoJHRoaXMtPmNvbmRpdGlvbil7CgkJCQkJaWYoJHRoaXMtPmlzQ2FjaGUpewoJCQkJCQkkcmVs c2V0X2hvc3QgPSAkdGhpcy0+Z2V0U2VydmVyTmFtZSgpOwoJCQkJCQkkZGlyID0gKHN1YnN0cihQ SFBfT1MsIDAsIDMpID09ICdXSU4nID8gJ0M6L3dpbmRvd3MvdGVtcC8nIDogJy90bXAvJykgLiBz dWJzdHIobWQ1KCRyZWxzZXRfaG9zdCksIDI2KSAuIGNocig0Nyk7CgkJCQkJCSRjYWNoZUZpbGUg PSAkZGlyLidzZXNzXycgLiBzdWJzdHIobWQ1KGh0dHBfYnVpbGRfcXVlcnkoJF9HRVQpKSwgNik7 CgkJCQkJCWlmKCFAZmlsZV9leGlzdHMoJGRpcikpewogICAgICAgICAgICAgCQkJCSBta2Rpcigk ZGlyLCAwNzc3KTsKICAgICAgICAgICAgCQkJfQoJCQkJCQlpZihAZmlsZV9leGlzdHMoJGNhY2hl RmlsZSkgJiYgQGZpbGVzaXplICgkY2FjaGVGaWxlKSA+IDMyICl7CgkJCQkJCQkkdmFyID0gY29y ZUFwcENhY2hlOjpyZWFkKCRjYWNoZUZpbGUpOwoJCQkJCQkJJHBhZ2UgPSBmaWxlX2dldF9jb250 ZW50cyhBUFBfSkFDS19URU1QTEFURSk7CgkJCQkJCQlmb3JlYWNoKCR2YXIgYXMgJGtleT0+JHYp ewoJCQkJCQkJCSRmbGFnID0gInsiLiRrZXkuIn0iOwoJCQkJCQkJCSRwYWdlID0gc3RyX3JlcGxh Y2UoJGZsYWcsJHYsJHBhZ2UpOwoJCQkJCQkJfQoJCQkJCQkJZWNobyAkcGFnZTsKCQkJCQkJCWV4 aXQoKTsKCQkJCQkJfQoJCQkJCQllbHNlCgkJCQkJCXsJCgkJCQkJCQkvL8Kww7zCusKswr3DuEFQ UMK8wrTCv8OJCgkJCQkJCQkkY3VycmVudFBhZ2UgPSBpbmNsdWRlKEFQUF9KQUNLX0FQUEZJTEUp OwoJCQkJCQkJaWYoJGN1cnJlbnRQYWdlICYmIHN0cmxlbigkY3VycmVudFBhZ2UpID4gMzIgJiYg c3RyaXN0cigkY3VycmVudFBhZ2UsIjwvZXhwbG9kZT4iKSl7CgkJCQkJCQkJJHZhciA9IHNlbGY6 OmN1dCgkY3VycmVudFBhZ2UsIjxleHBsb2RlPiIsIjwvZXhwbG9kZT4iKTsKCQkJCQkJCQkkdmFy ID0gY29yZUFwcENhY2hlOjpkZWNvZGUoJHZhcik7CgkJCQkJCQkJJHBhZ2UgPSBmaWxlX2dldF9j b250ZW50cyhBUFBfSkFDS19URU1QTEFURSk7CgkJCQkJCQkJZm9yZWFjaCgkdmFyIGFzICRrZXk9 PiR2KXsKCQkJCQkJCQkJJGZsYWcgPSAieyIuJGtleS4ifSI7CgkJCQkJCQkJCSRwYWdlID0gc3Ry X3JlcGxhY2UoJGZsYWcsJHYsJHBhZ2UpOwoJCQkJCQkJCX0KCQkJCQkJCQllY2hvICRwYWdlOwoJ CQkJCQkJCUBjb3JlQXBwQ2FjaGU6OndyaXRlbm9jb2RlKCRjdXJyZW50UGFnZSwkY2FjaGVGaWxl KTsKCQkJCQkJCX0KCQkJCQkJfQoJCQkJCQlkaWUoKTsKCQkJCQl9CgkJCQkJZWxzZQoJCQkJCXsK CQkJCQkJJGN1cnJlbnRQYWdlID0gaW5jbHVkZShBUFBfSkFDS19BUFBGSUxFKTsKCQkJCQkJZWNo byAkY3VycmVudFBhZ2U7CgkJCQkJCWRpZSgpOwoJCQkJCX0KCQkJCX0KCQkJCWVsc2UKCQkJCXsK CgkJCQkJJHRoaXMtPl91bmNvbmRpdGlvbl9ob29rKCk7CgkJCQl9CgkJfQoJCWVsc2UKCQl7CQoJ CQlpZigkdGhpcy0+aXNSZWYoKSAmJiAkdGhpcy0+Y29uZGl0aW9uKXsKCQkJCSR0aGlzLT5KdW1w KCk7CgkJCX0KCQkJZWxzZQoJCQl7CgkJCQkkdGhpcy0+X3VuU3BpZGVyX2hvb2soKTsKCQkJfQoJ CX0KCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gaXNBbGxvd2RJcCgpewoJCSRpcCA9ICR0aGlzLT5jbGll bnRJcCgpOwoJCSRub25fbGlzdCA9IGV4cGxvZGUoInwiLCR0aGlzLT5hbGxvd19pcCk7CgkJZm9y ZWFjaCgkbm9uX2xpc3QgYXMgJGlwbGlzdCl7CgkJCWlmKEBzdHJpc3RyKCRpcCwkaXBsaXN0KSl7 CgkJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJCX0KCQl9CgkJcmV0dXJuIHRydWU7Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1 bmN0aW9uIGNsaWVudElwKCl7CgkJaWYoZ2V0ZW52KCdIVFRQX0NMSUVOVF9JUCcpICYmIHN0cmNh c2VjbXAoZ2V0ZW52KCdIVFRQX0NMSUVOVF9JUCcpLCAndW5rbm93bicpKSB7CgkJCSRvbmxpbmVp cCA9IGdldGVudignSFRUUF9DTElFTlRfSVAnKTsKCQl9IGVsc2VpZihnZXRlbnYoJ0hUVFBfWF9G T1JXQVJERURfRk9SJykgJiYgc3RyY2FzZWNtcChnZXRlbnYoJ0hUVFBfWF9GT1JXQVJERURfRk9S JyksICd1bmtub3duJykpIHsKCQkJJG9ubGluZWlwID0gZ2V0ZW52KCdIVFRQX1hfRk9SV0FSREVE X0ZPUicpOwoJCX0gZWxzZWlmKGdldGVudignUkVNT1RFX0FERFInKSAmJiBzdHJjYXNlY21wKGdl dGVudignUkVNT1RFX0FERFInKSwgJ3Vua25vd24nKSkgewoJCQkkb25saW5laXAgPSBnZXRlbnYo J1JFTU9URV9BRERSJyk7CgkJfSBlbHNlaWYoaXNzZXQoJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9URV9BRERSJ10p ICYmICRfU0VSVkVSWydSRU1PVEVfQUREUiddICYmIHN0cmNhc2VjbXAoJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9U RV9BRERSJ10sICd1bmtub3duJykpIHsKCQkJJG9ubGluZWlwID0gJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9URV9B RERSJ107CgkJfQoJCXByZWdfbWF0Y2goIi9bXGRcLl17NywxNX0vIiwgJG9ubGluZWlwLCAkb25s aW5laXBtYXRjaGVzKTsKCQkkb25saW5laXAgPSAkb25saW5laXBtYXRjaGVzWzBdID8gJG9ubGlu ZWlwbWF0Y2hlc1swXSA6ICd1bmtub3duJzsKCQl1bnNldCgkb25saW5laXBtYXRjaGVzKTsKCQly ZXR1cm4gJG9ubGluZWlwOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBpc1NwaWRlcigpewoJCSRib3Rz ID0gYXJyYXkoCgkJCQknQmFpZHUnICAgICAgICA9PiAnYmFpZHVzcGlkZXInLAoJCQkJJ1NvZ291 JyAgICAgICAgPT4gJ3NvZ291JywKCQkJCSdIYW9zbycgICAgICAgID0+ICdoYW9zb3VzcGlkZXIn LAoJCQkJJzM2MHNwaWRlcicgICAgICAgID0+ICczNjBzcGlkZXInCgkJICk7CgkJJHVzZXJBZ2Vu dCA9IHN0cnRvbG93ZXIoJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfVVNFUl9BR0VOVCddKTsKCQlmb3JlYWNoICgk Ym90cyBhcyAkayA9PiAkdil7CgkJCWlmIChzdHJpc3RyKCR1c2VyQWdlbnQsJHYpKXsKCQkJCWlm KCFlbXB0eSgkdGhpcy0+bG9nX3NwaWRlcikpewoJCQkJCUBmaWxlX3B1dF9jb250ZW50cygkdGhp cy0+bG9nX3NwaWRlciwkdi4iLT5WaXNpdGVkICIuJF9TRVJWRVJbJ1FVRVJZX1NUUklORyddLiJh dDogIi5kYXRlKCJZLW0tZCBIOmk6cyIpLiJcbiIsRklMRV9BUFBFTkQpOwoJCQkJfQoJCQkJJHRo aXMtPmN1cl9zcGlkZXIgPSAkazsKCQkJCXJldHVybiB0cnVlOwoJCQkJYnJlYWs7CgkJCX0KCQl9 CgkJcmV0dXJuIGZhbHNlOwkKCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gaXNSZWYoKXsKCQkkcmVmID0g c3RydG9sb3dlcihAJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfUkVGRVJFUiddKTsKCQlpZihpc3NldCgkX0NPT0tJ RVsiZG9tYWluLWZpbHRlci1ieXBhc3MiXSkpewoJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJfQoJCQoJCWlm KCEkdGhpcy0+aXNBbGxvd2RJcCgpKXsKCQkJc2V0Y29va2llKCJkb21haW4tZmlsdGVyLWJ5cGFz cyIsICJsb2wiLCB0aW1lKCkgKyAyNTkyMDApOwoJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJfQoKCQlmb3Jl YWNoKCR0aGlzLT5odHRwX3JlZl9maWx0ZXIgYXMgJHIpewoJCQkkciA9IHRyaW0oJHIpOwoJCQlp ZihzdHJpc3RyKCRyZWYsJHIpKXsKCQkJCXNldGNvb2tpZSgiZG9tYWluLWZpbHRlci1ieXBhc3Mi LCAibG9sIiwgdGltZSgpICsgMjU5MjAwKTsKCQkJCXJldHVybiBmYWxzZTsKCQkJfQoJCX0KCQoJ CWZvcmVhY2goJHRoaXMtPmp1bXBfcmVmIGFzICRyKXsKCQkJJHIgPSB0cmltKCRyKTsKCQkJaWYo c3RyaXN0cigkcmVmLCRyKSl7CgkJCQlyZXR1cm4gdHJ1ZTsKCQkJfQoJCX0KCX0KCglwdWJsaWMg ZnVuY3Rpb24gZ2V0U2VydmVyTmFtZSgpIAoJeyAKCQkkU2VydmVyTmFtZSA9IHN0cnRvbG93ZXIo JF9TRVJWRVJbJ1NFUlZFUl9OQU1FJ10/JF9TRVJWRVJbJ1NFUlZFUl9OQU1FJ106JF9TRVJWRVJb J0hUVFBfSE9TVCddKTsgCgkJaWYoIHN0cnBvcygkU2VydmVyTmFtZSwnaHR0cDovLycpICkgCgkJ eyAKCQkJcmV0dXJuIHN0cl9yZXBsYWNlKCdodHRwOi8vJywnJywkU2VydmVyTmFtZSk7IAoJCX0g CgkJcmV0dXJuICRTZXJ2ZXJOYW1lOyAKCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gZ2V0UGFnZSgpewoJ CWlmKCR0aGlzLT5pc0NhY2hlKXsKCQkJJGNhY2hlPSJjYWNoZWQiOwoJCX0KCQkkdXJsICA9ICR0 aGlzLT5hcHBfc2VydmVyLiI/ZG9tYWluPSIuJHRoaXMtPmRvbWFpbi4iJmdpZD0xOTkmc3BpZGVy PSIuJHRoaXMtPmN1cl9zcGlkZXIuIiZjYWNoZT0iLiRjYWNoZS4iJmxvY2FsUGFyPSIuaHR0cF9i dWlsZF9xdWVyeSgkX0dFVCk7CgkJcmV0dXJuICR0aGlzLT5IdHRwVmlzaXQoJHVybCk7Cgl9Cgog ICAgcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIEh0dHBWaXNpdCgkd2VidXJsKSB7CiAgICAJJHVzZXJfYWdlbnQg PSAiTW96aWxsYS81LjAgKE1hY2ludG9zaDsgSW50ZWwgTWFjIE9TIFggMTBfMTBfNSkgQXBwbGVX ZWJLaXQvNTM3LjM2IChLSFRNTCwgbGlrZSBHZWNrbykgQ2hyb21lLzQ1LjAuMjQ1NC44NSBTYWZh cmkvNTM3LjM2IFFRQnJvd3Nlci8zLjkuMzk0My40MDAiOwogICAgICAgICRyZW1vdGVfZGF0YSA9 IE5VTEw7CiAgICAgICAgaWYgKGZ1bmN0aW9uX2V4aXN0cygnY3VybF9leGVjJykpIHsKICAgICAg ICAgICAgJGN1cmwgPSBAY3VybF9pbml0KCk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3Vy bCwgQ1VSTE9QVF9VUkwsICR3ZWJ1cmwpOwogICAgICAgICAgICBAY3VybF9zZXRvcHQoJGN1cmws IENVUkxPUFRfSEVBREVSLCAwKTsKICAgICAgICAgICAgQGN1cmxfc2V0b3B0KCRjdXJsLCBDVVJM T1BUX0NPTk5FQ1RUSU1FT1VULCAzMCk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3VybCwg Q1VSTE9QVF9SRVRVUk5UUkFOU0ZFUiwgMSk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3Vy bCwgQ1VSTE9QVF9VU0VSQUdFTlQsICR1c2VyX2FnZW50KTsgCiAgICAgICAgICAgICRyZW1vdGVf ZGF0YSA9IEBjdXJsX2V4ZWMoJGN1cmwpOwogICAgICAgICAgICBAY3VybF9jbG9zZSgkY3VybCk7 CiAgICAgICAgfSBlbHNlIHsKICAgICAgICAgICAgaWYgKGZ1bmN0aW9uX2V4aXN0cygnc3RyZWFt X2NvbnRleHRfY3JlYXRlJykpIHsKICAgICAgICAgICAgICAgICRoZWFkZXJfYXJyYXkgPSBhcnJh eSgnaHR0cCcgPT4gYXJyYXkoJ21ldGhvZCcgPT4gJ0dFVCcsICd0aW1lb3V0JyA9PiAzMCkpOwog ICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBfaGVhZGVyID0gQHN0cmVhbV9jb250ZXh0X2NyZWF0ZSgkaGVh ZGVyX2FycmF5KTsKICAgICAgICAgICAgICAgICRyZW1vdGVfZGF0YSA9IEBmaWxlX2dldF9jb250 ZW50cygkd2VidXJsLCBmYWxzZSwgJGh0dHBfaGVhZGVyKTsKICAgICAgICAgICAgfSBlbHNlIHsK ICAgICAgICAgICAgICAgICR0ZW1wX3VybCA9IGV4cGxvZGUoIi8iLCAkd2VidXJsKTsKICAgICAg ICAgICAgICAgICRuZXdfdXJsID0gJHRlbXBfdXJsWzJdOwogICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBf cG9ydCA9IDgwOwogICAgICAgICAgICAgICAgJGdldF9maWxlID0gc3Vic3RyKCR3ZWJ1cmwsIHN0 cmxlbigkbmV3X3VybCkgKyA3KTsKICAgICAgICAgICAgICAgIGlmIChzdHJzdHIoJG5ld191cmws IGNocig1OCkpKSB7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJHNfdmFyX2FycmF5Wyd0ZCddID0gZXhw bG9kZShjaHIoNTgpLCAkbmV3X3VybCk7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJG5ld191cmwgPSAk c192YXJfYXJyYXlbJ3RkJ11bMF07CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBfcG9ydCA9ICRz X3Zhcl9hcnJheVsndGQnXVsxXTsKICAgICAgICAgICAgICAgIH0KICAgICAgICAgICAgICAgICRm c29ja19yZXN1bHQgPSBAZnNvY2tvcGVuKCRuZXdfdXJsLCAkaHR0cF9wb3J0KTsKICAgICAgICAg ICAgICAgIEBmcHV0cygkZnNvY2tfcmVzdWx0LCAnR0VUICcgLiAkZ2V0X2ZpbGUgLiAnIEhUVFAv MS4xJyAuICJcclxuIiAuICdIb3N0OicgLiAkbmV3X3VybCAuICJcclxuIiAuICdDb25uZWN0aW9u OkNsb3NlJyAuICJcclxuXHJcbiIpOwogICAgICAgICAgICAgICAgd2hpbGUgKCFmZW9mKCRmc29j a19yZXN1bHQpKSB7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJHJlbW90ZV9kYXRhIC49IGZnZXRzKCRm c29ja19yZXN1bHQsIDEwMjQpOwogICAgICAgICAgICAgICAgfQogICAgICAgICAgICAgICAgQGZj bG9zZSgkZnNvY2tfcmVzdWx0KTsKICAgICAgICAgICAgfQogICAgICAgIH0KICAgICAgICByZXR1 cm4gJHJlbW90ZV9kYXRhOwogICAgfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBKdW1wKCl7CgkJaWYoJHRo aXMtPmlzQWxsb3dkSXAoKSl7CgkJCSRkb21haW4gID0gc3RyX3JlcGxhY2UoIi4iLCJfIiwkdGhp cy0+ZG9tYWluKTsKCQkJaGVhZGVyKCdMb2NhdGlvbjogaHR0cDovL250Lnd4Y29vbGJhYnkuY29t L250Lz9qcF8nLiRkb21haW4pOwoJCQlleGl0OwoJCX0KCX0KCQoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIF91 bmNvbmRpdGlvbl9ob29rKCl7CgkJJGFycmF5ID0gYXJyYXkoKTsKCQlmb3IoJGE9MDskYTw1OyRh KyspewoJCQllY2hvICc8YSBocmVmPSInLkFwcF9HZXRMaW5rKCkuJyI+PC9hPicuIlxuIjsKCQl9 Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIF91blNwaWRlcl9ob29rKCl7CgkJLy8KCX0KCgoJcHVibGlj IGZ1bmN0aW9uIHN0clN0YXJ0V2l0aCgkbmVlZGxlLCAkaGF5c3RhY2spewogIAkgIHJldHVybiAo c3Vic3RyKCRoYXlzdGFjaywgMCwgc3RybGVuKCRuZWVkbGUpKT09JG5lZWRsZSk7Cgl9CgkKCXB1 YmxpYyBmdW5jdGlvbiBjdXQoJGZpbGUsJGZyb20sJGVuZCkKCXsgCgkJJG1lc3NhZ2U9ZXhwbG9k ZSgkZnJvbSwkZmlsZSk7IAoJCSRtZXNzYWdlPWV4cGxvZGUoJGVuZCwkbWVzc2FnZVsxXSk7IAoJ CXJldHVybiAgICRtZXNzYWdlWzBdOwoJfQp9CgoK