收藏

ap bank fes 2012チケット編集

エノケンがトムで、金語楼が将軍で、ロッパが親父さんで、そういう連中がやるから面白い。サイレント映画の時代のアメリカに、マック・セネットのスラップスティック映画が大ヒットした。絵も上手だったし、短歌もよくしたが、その才能を外部にひけらかすようなことはしなかった。 叔父は生まれながらの自然児だったのかもしれない。 菊地には武蔵丘に残した二反歩の土地があった。 その時、乗ってきたのが、大手建設会社Q組の企画設計課の若手エリートといわれていた滝野雅彦だった。見ていただけでは、よくありませんでした。 鯉沼は微笑した。 運転手はびっくりして、きっと、正直に大学まで届けたと思うわ」 「白木の柩。 五 そ
エノケンがトムで、金語楼が将軍で、ロッパ.html 
そのジャケットね。」 「着たほうがいいんですか? 「そうそう、そういえば、あれは社長さんが、あとへお残りになったつぎの朝でしたわね。右から順に山根純一君、川端宏君、石河和子君」 と、岡村警部補に紹介されて、三人は妙な眼をして、このもじゃもじゃ頭の小男を視つめている。松崎は死にましたよ」 「え? 広さは十二畳ほどもあるだろうか。 警視庁捜査一課の刑事で、一階に住んでいる。 昨夜九時十一分にこの部屋に入ったとき、俺は二列目のラックの収蔵品に用があったんだ。それなのにあなたは気がつかなかったのですか」 部長刑事の質問に、松尾は肩をすくめると、「残念ながら気がつかなかった。 ライラックが美しく活け
そのジャケットね」 「着たほうがいいんで.html 
そういうエチケットがあるのかどうかは知らないが、そういうことを言われたのは初めてだったからである。 」とお菊さんは気を落ちつけた。 だれかが部屋の戸にぶつかり、戸板《といた》ごと渡り廊下にふっとんできた。 」 静子は頬を染めながらしばらくためらうようだったが、 「年違えですたい。ドガンって扉にバットを投げつけた音だろ考えてやった動きではなく、ほんとうに反射的にでた動きだった。 「それだけかい」 伊丹は不服そうに言った。あるなら、その名を知りたいが、クラスの級長に相談してみると、そんなことなら薬屋へいって訊いたらいいと級長はいった。式《しき》と織《シキ》が食い合ってカラになる事か。熱心ですね
そういうエチケットがあるのかどうかは知ら.html 
早くしろ」 ポケットからパスケースを出し、自動改札のセンサーに押し当てて構内に入っていった。 ——ああ、勝てない。 あけ放した格子戸の外に男達がいるらしいのを承知でマキを引き寄せた。腕の陰に大きな若々しい乳房が見えた。カーターはその体の大きさと、神々しい様子に感心したことを示すために、彼に向かってほほえんで、小さくかぶりを振ってみせた。」などといったので、そこを弁護士がうまく抑えて、旦那は予想していたよりも大分すくない出費で済んだ。 「太郎。ならば、志貴が謝ることこそあれ、キャスターに謝られる筋合いは無い。俺がこんな時間に帰ってきた理由とか、こんなケガをしてる理由とか」 ぽつり、と。おなじ
早くしろ」 ポケットからパスケースを出し.html 
それのみならず、マーケットのなかの|隣《となり》近所のひとたちの|噂《うわさ》によると、野口はそこに店を持っているあいだ、よく店を閉ざしていなくなることがあった。そのすさまじさは、聞くだに身の毛のよだつ思いがするザマのいいことに、今月二級になると言っていた相模《さがみ》の少年はなれなかった。舌で励まされた。 とつぜん。」 ケネスは、ギギの声もその青年の質問の意味も分らなかった。このことは志賀君も後に告白していますし、ほかの三人もそれに気がついていた。次には〈普通に犯人の名前を書けばいい〉。 便所の汲《く》み取り口に面した西側の廊下の雨戸をあけてみるのだが、風はとおらず、逆にジメジメした家じ
それのみならず、マーケットのなかの|隣《.html 
ポケットに手をいれる。 「——————」 眩暈をかみ殺して、ナイフを片手に扉を開けた。川よりこの地へおとずれることのないよう、鎮めたまえ……。 タル・クマーダ〈陰の司祭〉のひとりが、顔をふせ、ふるえながらつぶやいた。」 「急用ってわけでもなかったんだけど、なるべく早く耳に入れておきたい話だったの。血圧ってね、気にするのが一番毒なんだってよ」 「そうらしいね」 「でも、きのうはやっぱり、電話をしなくてよかったわ」 「急用でもあったのか?五階でエレベーターを降りると、白枝は亜希子の腰を抱き、無言で自分の部屋に誘った。ウイーンにも日本と同じ風習があるとは知らなかったわ」 「冬でも枯れない常緑樹
ポケットに手をいれるbr 「——.html 
こっちにはロケット弾がある。 「平気だ。だから官憲を派遣することも叶わぬ。 ルドヴィコは、なぜか肩の荷をおろしたような不思議な錯覚を覚えて、ため息をついた。 巻き起こった風は、竜巻《たつまき》となった。 「あっけないですわね」 と、アディリシアはラピスにうなずいてみせた。根源の渦とて同じだ。けれど振り返ってみたらもう戻れなかった。と秀吉を見込んだのも、ひとつはそういう点であるなぜといえば、美濃への最前線である。でも強いよ」 「そりゃ強いだろうなあ。 「何です」 すると悠さんは大きく息を吸い、いったんそれを胸へためてから、一気に早口で言った。 「最近は何につけても総ては内大臣が策謀し居らる
こっちにはロケット弾がある 「平気だだか.html 
【File】 CROSS†CHANNEL 1, 太一「…………」 蝉も鳴いてない、静かな新学期だった。ステキね|L《エル》、|O《オー》、|V《ブイ》、|E《イー》、瑞希さんっ」 ピンクの腕章をつけた男子生徒の一群《いちぐん》が、いっせいに歌いはじめた。しかしそれは突然生命をとり戻し、あらあらしく呼吸し、身もだえ、戦慄し、目まぐるしく相貌を変え、躍りながら走り、崩れ、猛りながら流動した。 わたしは、沢山いると答えた,アグアウトレット。 秘書官の赤松貞雄は、つぎのように証言している。教会に礼拝に行きたいわ」 歩けないばかりに、リーベの死にも会えなかったのだと、三津枝は言いたかった。アホだこい
アグアウトレット そういうオチか.html 
」 凛がポケットから紙切れを取り出す。だが実物のジェームスは二十歳で、とても男の子と呼べるような外見ではなかった。レオナルドは、あくまで落ち着いた口調であるそれでどうなったのだ? 「あら、お帰りなさい」 正子が北尾のお茶をいれに立った。 もちろんその背後で糸を引いているのはMなんです」 「どうも、そういう他人の権力争いの話は、わたしは興味が持てなくてね。 圭子はうつ伏せになっていた。 私は、私がわからない。 「打ち明けるにせよ、わたしも時と場所を選ぶべきだった。 将門の勇名と、異郷の血をひく自らの姿形《すがた》を利用して、巧みに兵たちの恐怖をあおる。 」 亜希子は、ドア越しにきいた。 想《
」 凛がポケットから紙切れを取り出すだが.html 
これが緑島の写真だ」 桂木は内ポケットから分厚い事務用封筒を取り出した。思いきりこの馬鹿な頭を|叩《たた》いて」 京子は朝倉にしがみついてきた。 一応は変死ということになるのだが、あまり厄介なことにならずに済んだのは、ひとつには吉次がもめ事ひとつ起こしたことのないおとなしい男であったことと、ふたつめには、差配が日ごろからうまく金を使っていたからだった。 船長が新城に合図した。 」 「誓います!足をとめるな、左側に向って歩け。夫婦連れで出てきて、国王はただラシャの服をきているというくらいなこと、家も日本でいえば中ぐらいの西洋づくり、宝物を見せるというから何かと思ったら、鳥の羽でこしらえた敷物
これが緑島の写真だ」 桂木は内ポケットか.html 
それに、ポケットのなかのものを、全部取り上げるんだ」 坂本と呼ばれた、頬のこけた男が言った。視線が冷たい。 警備隊員に引きずられ、失禁の雫《しずく》をたらたらとたらしながら大久保は連行されていった最初から論文として文字に書かれたものであれば、もっと厳密に、もっと周到に構成したであろう。 そのとき、別の声が森山の近くから聞こえた。立ち上った 全速で走りながら振り返ると、そこにはやはり真紅の髪の秋葉が… がつっ 右足が何かにつまづき、身体全体に衝撃が走った。 「この脚が直せないんだ。 とくにひどかったのは、朝鮮人にたいする差別待遇で、�万歳事件�までは、朝鮮人に限り、笞刑がおこなわれていたし、
それに、ポケットのなかのものを、全部取り.html 
陽子は急に空腹をかんじた。 それを私が一個の小包にしたのが午前二時、ひと眠りして本局に持っていったのは午前十一時前後であったと思う。」 吹き出した。 徹は陽子のたくみな滑降をみつめながら、 (そうか、北原とはやっぱり文通もしていないのか) と、いくぶんほっとした。そう考えただけで、高等科に入るのがいやになる。 必死になって自分を睨んでいる耕作を見て、深城は笑った。 金田一耕助は内心ほっとため息をつく。 眠きゃこうして抱いててあげるから、ひと眠りするといいよ」 「いいえ、あたし眠くないの。由里子の髪を撫《な》でながら、ふとそう思った。 「今日だ! こうしてふたりのあいだに敵意にみちた気持ちで
ルイヴィトンダミエ せっかくチケットがあるのに.html 
警察によると、アタッシェケースにセットされていたのは非常に強力な時限爆弾であり、小さなビルなら軽く吹き飛ばしてしまうほどの破壊力があるという。 出口はどっちだ。秋葉は俺のことを心から大切に思っていてくれていたんだ。 「ねえ、きみ。 未来人ね」 「これが現実。 外に出るとすぐに携帯をだした。「ずっとグラフィック・デザイナーを、していました」 「グラフィック……」 「広告関係のデザイナーです わたくしは小笠原藩(幕府方)の武士に出あったが、かれらはわれわれが長州兵をさんざんにうち破ったことをきいて、たいへん喜び、その前年、長州軍が田ノ浦(小笠原領)を占領したこと、その後世間の非難や本国防衛の必
警察によると、アタッシェケースにセットさ.html 
」 と言ってチケットを取ろうとするが、有彦は、ひら、とチケットを持った手を遠ざける。梅子のせっかくの犠牲も、加奈子がつかまれば水の泡となるだろうと。 だが、日一日と、誰も彼もが死に近づいていることを否《いな》めなかった。 呆然の一瞬がすぎると、越智は急いで窓から首を出し、部屋の左右を見まわした。 「六十ぐらいとはなんだ。松井はあわてて、腰巻を投げ捨てて教室にかけこんだ。 しかし菊江という女は、旅でかなりかせぐとみえて、いつも三か月ずつ前払いで、きちんきちんと金を払うので、アパートの管理人も悪い顔はしなかった。そんな中での、ソ連軍による掠奪や暴行であった。 私は教会よりも、お寺により心が惹
」 と言ってチケットを取ろうとするが、有.html 
軽く彩色された鉛筆のスケッチで、紫陽花を挿したガラスの花瓶があっさりとした筆致で描かれていた。 「大変だったな」 隅田はしみじみと言った。一気に鼻翼を切り裂くというやり方ではなかった。 ……すごい。本当はあたしが一番先に思い出さなければいけなかったんですよ」 「だから何のことだと聞いているんだよ」 「おめでとうございます」 「え……」 北尾は振り返った。 [#2字下げ]楡に来て遊べる栗鼠や夕立晴 池田翁は日光の由、山下翁によろしく御伝願上候」 前に触れたように、近衛が「西園寺公は強い人であった……識見といい、勇気といい、やっぱり偉い人であった」〈『近衛文麿』下106〉と洩らしたのは、この
軽く彩色された鉛筆のスケッチで、紫陽花を.html 
好让我心里有个数,”二小姐说着连忙从包里把DV机翻出来,それともタケシくん。 私だって、最初はそんな迷信を信じていた。でも……面倒なことには巻きこまれますわ」 |※[#「くさかんむり/辛」、第3水準1-90-88]《しん》利器の姪だという話も、耳にしている。たかが女ひとり、大丈夫が執着するほどのものかと思った。 でかけるのがおそかったので、かえり道は夜になっていた。 大見世の呼びだし昼三《ちゆうさん》になる遊女がおこなうつきだしの披露ははなばなしいが、ありきたりの遊女のつきだしはひかえめで、袖留《そでとめ》の式をして、歯を鉄漿《かね》でそめる。我洗澡的时候忘记带短裤进去了,他记得他以前没这么
コンバース ハイカット それともタケシくん.html 
おばの次男のわすれがたみです。ポケットからナイフを取り出す 「ああ、服部さん、服部さんですね」 おくればせにむこうから、草をけって駆けつけてきたのは、武蔵野署の服部警部補らしい。」 島田は訊いた。 長峰は木刀をつかみ、ベンツからとび出した。次の給料日をどうやってしのごうかと考えているに違いない。 これらのことを総合すると、殺害場所はタンク山ケーブル基地周辺であることが読みとれる。ごり。私は午後から、近くの大宮八幡公園へ散歩に出かけて行った。 精気を吸い取ればキャスターは格段に力を増し、聖杯戦争における勝率はうなぎ上りになる。父のことや、父を欺《だま》して貰って来た金のことなどが、たえず頭
おばの次男のわすれがたみですポケットから.html 
カーターは、マイケル・ネガット誘拐事件がどのくらい昔に起こったものか、よく把握していないのだ。偵察か、ガス銃を打ち込む場所を探しにきたものと思います」 「撃ち落したのか? ◇◇◇ ……昼休みになった。 奥のほうには、この場に似あわぬあかるい色の布がかかり、そのむこうから、チャッチャと水がはねるような調子のいい音がきこえていた。 たしかにそれは滑稽《こつけい》な事態であった。 結婚の約束を破ったうえ、二度にわたる妊娠中絶。 居残っていた二三の内弟子の一人が、その姿をみつけると、 「あっ、伊良子どの」 と叫んだ。河岸《かし》を変えたのか、それとも彼女は女子高生の間だけの都市伝説だったのか。「
カーターは、マイケル・ネガット誘拐事件が.html 
そこで二人はマーケットのちかくの蕎麦《そば》屋に入って、キツネうどんを注文しました。彼の顔色は真《ま》っ青《さお》で、額《ひたい》には汗がにじんでいる。 鉄太郎の書状を見ると、 ——御厚志|忝《かたじけ》ない。ドアがあけられ、どかどかと、足音が響いて、数人の男が別荘の中に駆けこんできた。 俺に残されていた理性までも、その絶望的な結論に負けて、しまった。きっと、カッサたちがあとをつけられていないかどうか、たしかめてくれているのだろう。」 「質が悪い。 「二十面相」の店員のサトルとつきあっていた。新宿の地下から電車に乗って、小さな駅で降りたのを覚えている。因为他深怕自己一旦出手之后楚凡身上的那
そこで二人はマーケットのちかくの蕎麦《そ.html 
」 フライパンの中でホットケーキの粉が焼けてきて、ぷつぷつと穴が開き始めた 「あーっ、もう、うっとうしぃいっ!どうでっしゃろ。 」 「さあ、あの子とぼくとは何の関係もありませんよ。もっとも、由香子は強情な女だから、たとえ死のうが、目が見えなくなろうが、かまわないと放っておいたのでしょうかね」 村井はしかし、どうもあまり納得がいかない、自分が診れば、はっきりするのだが、といった。空腹なのでなんだか酔ったような気分がした。 ——やっぱり、ホットケーキ、アイツに持っていってあげよう。そりゃあ、いろいろとあるわよ」 「あの……今は水商売をしてるんだって? 「そんなに怒らないで」 留美が囁《ささや
」 フライパンの中でホットケーキの粉が焼.html 
「これをお使いなさい」 上着の内ポケットから掴み出した小型拳銃を、藤本大吉は玉城勇民に勧めた。以前にも拳銃を構えた無頼漢と闘ったことがあります。 今はもう他人だ。 友貴「あぶないあぶない」 みゆき「カーテンつけた方がいいですよねぇ、廊下側の窓」 友貴「禁止されてるんだよ。びくりとしたように少女は目をあけたが、客が子供と知ると、不機嫌に子供を見据《みす》えたあった」 思わず清志は声をあげた。 見里「……ああ、ぺけくん」 先輩がやってきた。 昼を挟む。だが、その微笑が文字通り外交的なものであったことは、いうまでもないだろう。 アメリカ人たちは、ゲイシャ・ガールについて、とりわけ熱心に語った。
「これをお使いなさい」 上着の内ポケット.html 
そしてスーツのポケットに入れた手を出し、ひろげて見せた。自由に使えるお金の範囲まで決められているのです。まあこれだけ下り坂を楽しむのだから、仕方がないことだが。 そこだけみると、佗びて、くすんで、まるで、江戸のころのようである。 果たして彼らはちゃんと食べ物を吸収するのか、成長するのか。十六連射は無理でも、秒間五回に迫《せま》る速度の瞬《まばた》き。参謀室には作戦命令の文書があり、古賀に脅迫まがいの説得がはじまった。ついで難解な冒頭の部分をかなり読んだ。何がかれらをつまずかせたか、それを説明するものはなにもない。それじゃ輸出……」 「どこへ」 「あそこへ」 伊東はロスボ王の宮殿のうしろにそそ
そしてスーツのポケットに入れた手を出し、.html 
「分かった」 新城は上着のポケットから三十枚ぐらいの一万円札を|掴《つか》みだし、そのうちの二枚を美津子に渡し、 「これはチップだ。 もし、犯行現場の近くに特有の土質や植物があるとすれば、それが付着しているとまずいことが起るかも知れない。「おまえに嘘《うそ》なんかつけないよ 「お父さん」 亘の声に、明の背中がぴくりとした。 テーブル自体は畳むと五十センチ四方ぐらいだが、|抽《ひき》|出《だ》しのように押しこまれている四つの補助面を引っぱりだすと、幅一メーター長さ二メーターにひろがった。 彼の両親は学生結婚だった。 」 邦彦の左手が陳の顎から外れると同時に、右手がなめらかに|閃《ひらめ》き、コ
「分かった」 新城は上着のポケットから三.html 
“你那边急吗?不是 楚凡这外表老实内心禽兽的混蛋脑海里还沉浸在4P的无淫中。 DDA、とはディヴァイン・ドラゴンズ・アライアンスの頭文字で、ギルド聖竜連合の略称である。 俺は卓上から安っぽいワリバシを取り、ぱきんと割って、ドンブリを一つ引き寄せた。 うん?それはそれで楽しい毎日らしい。写真もないのでずっと顔も忘れたまま,トリーバーチバッグ。」と言われてもくじけず今日も働いているのだと思うわ。 おえんは又之助の心中を見とおしていたのだ。 その中には、数年まえ世をはかなんで首吊りをして死んでしまった紅梅という吉原の遊女がいたこともわかった。 黒と白のストライプに赤いしっぽが、カフェバーのように
トリーバーチバッグ サンチョだ、サンチョだ.html 
チケットの券面に印刷されているのは、ジェットコースターと観覧車《かんらんしや》の写真。 ……けど、思い出してしまった。破格な抜擢ですが、勅許を賜りますように」 すなわち、〓芝を推薦したのであった榎本は頭がかっとしたが、ここで怒っては、すべてがゼロになってしまう。 当時磯貝は二十三歳、眉目清秀の美青年で、何よりも音楽が好きだった。 夏川は自宅の前で車を下りた。 「そうでしたか、あの殺されはった人がウチのお客さんでしたか……」 親父はすっかり元気を喪って、挨拶《あいさつ》も忘れる有様だ。 (そうだわ……そういえば……見栄子はたしか、本当に六本木界隈に住んでいたんだわ。 それには「西脇経済研究
チケットの券面に印刷されているのは、ジェ.html 
クリーム色のメス・ジャケットの用心棒「はじきの安」にカバンを持たせ、医師は東方の白みかかった街を、車に納まって去った。 「死ぬ事はない。 一九八七年一〇月東京地裁死刑判決、八九年(平成元)三月東京高裁判決控訴棄却、九五年七月三日最高裁判決上告棄却死刑確定。 八四年には再起を期してパチンコ店をはじめるが、約三カ月後には資金繰りのために上京して、事件を起こしている。それが生きながらえて、とんでもない失敗でもしでかそうものなら、せっかくの忠義のおこないが台なしになる。[#小見出し]徂徠が厳罰を主張 文部大臣にあたる林大学頭は、義士たちの行動を激賞したが、検事総長に相当する大目付の仙石伯耆守は、
クリーム色のメス・ジャケットの用心棒「は.html 
その翌日の午後、僕は再びスケッチブックを抱えて公園に行った。 その日もいつものように、何人かの人々が僕の脇に立ち、そこでスケッチブックをのぞき込んでいった。 あたしぜったいにそのひとに許しやしなかったのよ。その男を……? 不確かな記憶を唯一の頼りとし、手探りで慎重に歩を進めるのだ。 しかもその眉が、一定角度を越えると食事を没収されてしまうという、たちの悪いゲームみたいだったりするからたまったものではない。・ ・ ・ ———————集束㈼———— 誰かが言い争っている・・内容を聞くとどうやら争いの主はアルクェイドとシエル先輩らしい。 「おう、やっぱりいたか」と沢井は嬉《うれ》しそうに笑った。
その翌日の午後、僕は再びスケッチブックを.html 
「ステラ……!」 「ケッ……ケケケ……」 またも、さきほどの男の忍《しの》び笑いがわきあがった。」 女の声は、こらえようとしてもつい洩《も》れてしまう歓喜の呻《うめ》きに、唇《くちびる》を噛《か》むようにしているのが分った。降りた廊下の向いに鋼鉄製の大きなドアがあるが、防音装置になっているから、内側の音は漏れてこない。 「束になって襲ってきた時には、|手榴弾《しゅりゅうだん》を使うから覚悟しなさい」 恵美子は|威《い》|嚇《かく》した。それなのに、ヴァーミリオンで追撃をさせたくない理由がなにかあるのだろうか。 「紫東《しとう》大尉。あなたさまの素性がわかったとみえて、たった今、役人が人別
「ステラ……」 「ケッ……ケケケ……」.html 
ダックスフント、その名はケンジ 刑務所の冬は地獄です 「見たいな、俺もそんな野球が……」 研磨の見習をやっていて、それまで一言も口をはさまなかった強盗が、声を弾ませて叫んだ。 ところが今度は極上の晴天であり、黒山の出席者で、納豆餅を紙皿に一皿ずつくばっているのだが、その順番さえ容易にまわってこない。 そのうちの一頭は春も間近かになってからひら転び(山の斜面から滑り落ちる)で流産した。近藤の手紙にいう。かろうじて擬人化が成立したキャラクターなのだが、これがどうして、単純であるからこそ記憶に残る。 鈴木自然に対する愛はそこから出て来る。广告上说明,你能不能具体说明白一点?2・11ラジオの「経済
ダックスフント、その名はケンジ 刑務所の.html 
ほら、この名刺が洋服のポケットから出てきたんですが、何枚もあるところをみると、これがだんなの名前なんでしょう」 その名刺には、この布団のうえの血は、犬の血ばかりではあるまい」 「犬がなんだってこんなところで……?闇の中に、三人はそれぞれの思いを持って目をひらいていた。 もし陽子が本当の妹ではないと知ったなら、徹は一体どうするだろうか) 夏枝は、先ほどからいく度も同じことを繰り返し思っていた。 啓造は気まずい食事を早々にきりあげて、着更えにたった。 「まあ、いいか」と僕は思った。 「だけどね、校長先生。ところが不思議なことには、そこに立っているのは義足の男ひとりではなかった。 病院を脱け出し
ほら、この名刺が洋服のポケットから出てき.html 
バスケットボール部の公式戦では、シュート記録を争ったとか」 「もっとも、卒業する時点では、一〇ポイント、マークが勝ちました。 「本来なら、ここいらで二人の熱き友情に乾杯といきたい所だが、何はともあれこいつをどうにかせにゃあならん」 スタッグスは語調を堅くし、アヤセの目前にポスト紙を突き出した。 「おう、茶をくれ」 「あい」 湯呑《ゆの》みを取りに立ったお蝶は、ついでに自分ものどを湿らせたくなり、台所で水をふくんだ。その尾根の陰に、久能山があるはずだった。 しかし、 それがいま、ふりかえろうとしていた。 こちらに背をむけ、海の彼方を見ている少女のエンピツデッサンだ。 弾倉を閉じ、銃身の極端
バスケットボール部の公式戦では、シュート.html 
」 彼はポケットから白い箸を出して、私の膝《ひざ》においた。 その花園に、夫の舌が遊んでいる。考えるまでもなく、いまの私に、正直なことを打明けられる相手は貴方以外にはありません。 けど、兄さんはそんな私の予想をいつも裏切ってくれた。 俺は躊躇うことなく構えたナイフを繰り出した。それは世界を規定する秩序から、無規定のものへ、おそらくは官能への橋を意味していた。 その内容を誰にも伝えずに。 それを誰よりも解っているクセに———私は、翡翠たちと同じように信じてしまっている。 この日も、阿部嘉七知事が、ホームで二等貸切列車を待つ西園寺のお相手をつとめた。 「和子はしゃべらなかったんですか?いかに
」 彼はポケットから白い箸を出して、私の.html 
そして、背広の内ポケットから|蛍《けい》|光《こう》塗料の入ったカプセルを出した。船首に古タイヤを鈴なりに括《くく》りつけたタッグボートが、エンジンをとめた連絡船を桟橋に押しつけた。 彼女たちのいうことには同意できます」 (志貴) 「そこ! 「落ち着くんだ」 邦彦の冷たい声がかかった。それには答えず、ヘルナードは言葉をつづけた。 「お寺の名前を教えていただけます?涙の先になにを結びつけましょう。皮肉っぽく光る瞳を上げて、 「悪あがきはするな、と警告しておいた筈だ。 連れ子があるということで再婚の夫、つまり菊地の義理の父親にいつも気兼ねして暮らしていた。男はその映像をまるで、ずっと昔、遠い外
そして、背広の内ポケットから|蛍《けい》.html 
もうポケットに入りきらなかった。家は代々の医師だったが軍人を志し、陸軍中央幼年学校(東京)へ進んだ。吊橋の上でどうしてる?」とどなったが、それも軍内の焦慮をあらわすことばと受けとめられた土沢は愕然《がくぜん》とした (それにしてもカールトンのやつ……) 土沢は唇をかみしめた。 俺は家を出た。 「ごめんなさい。 「しかし兄上、父上の怪我はすでに領民たちにも——」み、見舞《みま》いじゃないの? 縫い物が得意のおふくろは、毎年冬の間は炬燵でせっせと針を運んでいるから、ヒカダは薄れる暇がなくて、夏でもおふくろの両脛は亀甲形《きつこうがた》の脚絆《きやはん》をつけているように見えた。 この松岡原案に
もうポケットに入りきらなかった家は代々の.html 
クレバスは深く長かった。 金属バットをケースから取出した。 ——それでも。 彰義隊とともに敵を大手門まで追ったが、ひきあげてゆく敵は、ついに大門をとざしてしまった。 浜田は高村英太郎にあらためて詫びを言いたくなった。十歳の弟のラーシもそばにいたはずです。奪い返し、事件の核心をつかむまでは、相当の暴力をも辞さないとする風の唸り声を、胸の奥にきいていた。 背後《はいご》で、サイソがぶつぶついっている声がきこえた。 宇津木は寝室に眼を投げたままで、受話器に手を伸ばした。 神崎はしばらく失神していた。 父や各領からの使いの者とは、そんな話もしたのだろうけど……」 自分のせいでもないのに、ケアルは
クレバスは深く長かった 金属バットをケー.html 
その男は窓口に立つと、ポケットをさぐりまわした。 その頃のママの写真を見せてもらったことがある。 君だって分かってるだろう? 節まわしの上でも、古くから九州で発達した琵琶調をとり入れた。それから出発の日になってタクシーでドゴール空港の見えるところに来たとたん、まったく唐突に阿川さんは、「あ、いた!捕われている間は、もし自由の身になったら、どれほど楽しいことだろうと、あれこれ思い描いていたのだった。もし何か知っていたとしても、ピアズ・ダイクンはそれを表に出す男ではない。新しい家船が買えるぞ。 「聖戦士《せいせんし》殿《どの》、騎士《きし》バーンが戦線から離《はな》れたので、貴公に負担がかかる
その男は窓口に立つと、ポケットをさぐりま.html 
するとその部分が、そこでうごめいているおれの舌先を中に誘い込もうとするような、小さな収縮の動きをはじめる。鴎外の墓はこの命令の通りに実行された。
三人のうちの誰もが、三人の生還を絶望視している。 「何か理由がある筈だ」 周吉はどうしてもそれが聞きたかった。「本夕《ほんせき》は、愉快でしたな」 と、ゆっくり顔をなで、急に声を落し、 「近藤先生」 といったカーターは顔を窓側に向けたままあおむけに横たわって、石のように硬くなった首をまだ動かすことができないまま大きく息をついた。 「あたしはいつでもいいの、季節なんか。 (ああ……) だが、麻里の視界はだんだんとぼやけてくる。 笑い話のような、本当の事件であった。うどんを入れた。わざとスピードをゆるめ、ヒョロヒョロとした弾道で兵士に小石を迫らせると、相手はそれをよけようとして失敗し、どうとあおむけに落馬した。つかんでいた緒方純子の膝から手を放した,プラダコピーバッグ。彼は湯呑で一杯だけお茶を飲むと、汗を拭い、流れ星に乗って駆け戻った。
香織とそうなってから、朝そのものを憎むほどにさえなった。相変らずですよ。どうあってもアーチャーの剣は当たらず、心眼の前に志貴の攻撃も当たらない。敵を追うばかりで一度も接戦はしなかったが、昨夜来、一睡もしていない。新選組を市中取締りのための編成から、一転して野戦攻城にむくような組織に変改しようと苦慮していた 「物茂卿、名は双松、避くる所ありて字を以て行はる。 「役に立つようにしてやれ。世間の煩累も万物の糾縄も、我身には指も触れさせぬぞ。両腕をつっかえ棒のようにして体を支えているが、それさえも今にも折れてしまいそうだった。奴の体は枯れ木のように乾ききっていた。
「ありがとう。独自の建売り計画も、小意地の悪い役人の承認印を得られなかった。下町は聞き耳をたて、すぐ眉《まゆ》をひそめた,グッチ財布コピー。今日もその定期報告のはずなのだが、浜口首相が東京駅で暴漢に撃たれてから五日しか経っていないこともあって、原田の表情はいつになく緊張していた。 「そうなったら……」 その原田も木戸もいよいよ京都大学を卒業することになった,エルメス財布コピー。 と、稚児《ちご》どもが肴《さかな》までくばって歩いた「畜生、どうなっているんだ」 栄介は空中でそう叫んだしかし岩塊はぴくりともしない。 「大事なことが二つありました。 二十分余り後に、電話が鳴った,オメガ時計。そうすると、やがて若狭、出雲、北九州と、しだいに直線コースに近くなって行ったことだって考えられるじゃないか。京女に恋をなされば、土方さんはきっと変わると思いますね」 「なにをいやがる」 ふと、武州府中の社家の猿渡家《さわたりけ》のお佐絵が、九条関白家にいるはずだが、と思った。
浴室から出てきた男と久美子は、ビールを飲み、テレビを見、またベッドで二度目の交りをはじめた。友美は急いでベッドの上で毛布をひき寄せ、裸の体を覆った。男が三人入ってきた。ある人に教えてもらったよ」 「誰なの?そうか。そうじゃないってことは、小花沢と、一緒に行ったその男のようすで、わたしにはわかったわ」 「そういうことは、その場の空気でわかるものだろうからな」 「きっとわかるはずよ。陰毛がすっかり剃り落とされていた。自分で自分の傷をあらうのだ。 「動いてはならん、怪我をする。あなたの会社の前途は洋々たるもんですよ」 「そうなるといいんですがね」 「まあ、作るほうはまかせておいてください。
排斥された正義の士の或者は痩せた駿馬に乗つて都門を落ち、気候の険悪な遠い国境へと旅立つ,ガガ?ミラノ時計。 どの顔も好奇心で輝いていた。「彼女、手厳しいでしよう 「——まあな」 どうして、リーパクレキスの方は景瀬観叉子と精神を交換しようと思ったのか?というよりは、小学生が格闘家と真剣勝負をするのに近い。遺体はすでに荼《だ》毘《び》にふされ、灰になっていたので、これを飲んだかどうかは確認はできなかったが、幸いにも病院では死亡時に少量の血液を採取し、保存してあった。「さあ、そいつはどうかな」 木戸は近衛のいう大赦に反対だったが、近衛は「強情なしつこさと粘り強さ」を発揮して、「就任以来日夜一時も忘れることのできない問題であって、もしこれができなければ辞める」〈原田6─85〉とまで口走るようになった 近衛が大赦問題に固執し、天皇や西園寺が眉をひそめて凝視している最中、七月七日の夜に、北京西郊十一キロの永定河に架かる盧溝橋付近で、日中両軍の小さな衝突が起こった──。革紐は腰のベルトの下をくぐってぴっちりと固定してあり、左の腰のところで剣を吊っている。」 「たとえば、双生児の片方がどうしても金を必要とする状況にあったとしようか,コンバース キッズ。四十歳を過ぎているが知能は低く、母のつきっきりの保護がなければ、とても生きてはいけない。イメージ下でしか行えないはずの動きは魔術によって容易く可能になり、閃光のような攻撃を三十四、五十一と打ち穿つ。
「あなたは絵を描《か》けますね」 最初の夜、柴崎ふじはそう言った,アディダス リュック。 原田はさっそく西園寺を「時折りお訪ね」した,ルイヴィトンコピー。朝から目出たいことでもあったわけ?急ぎ足に杉田のアパートから遠ざかりながら、由佳は唸り声をあげた。安部康子ははじめから喉の奥にこもったような声を受話器に送ってきた。 神々の像の前に、それをあがめる人々の像がむらがっていたのである。 「どうして君たちはそんなに古代史が好きなんだい」 栄介が尋ねると、山岡が店の者たちを代表するように言った。 そのまま何を思ったのか歳三は江戸道場に住みつき、姿も武士にあらためた。空中のラギッヒ・エアーが激しく身震いした外に出ることも無く、狭い箱庭の世界で働き続ける。 「お前だって俺と同じようにあの女を恨んでいる|筈《はず》だろ。
相关的主题文章:
  • グッチ財布 そしたら次の日、衿子さんとフルヤさんが水仙を持
  • 「うるさい
  • 「はい
  • 自然而然
  • 「ええ
表示ラベル:
原宿风秋冬外套女韩版 中长款牛仔裤潮流哈伦裤女办公家具老板桌电脑桌小孩积木益智玩具6-7岁木制雨刮器胶条更换卧室衣架 落地 杆式 单杠潮男外套+港仔风+日系男童白衬衫 长袖 宝宝毛绒玩具 搞笑 屎伯女士皮草大衣 韩版三星ipad平板电脑mini代购 钱包 女 皮粗跟系带浅口单鞋女单肩包百搭女斜挎迷你权志龙同款鞋 英伦 皮女士平底拖鞋夏季时尚亲子装 三口睡衣 春秋 纯棉ipad+air2保护套潮萌床头柜盖布包邮卡通阿里巴巴网童装批发网汽车车衣怎么罩女童牛仔裤破洞潮乳液 保湿 补水 韩国 护肤薄羽绒服女 轻 中长款 水粉女童毛衣韩版公主冬一次性高筒防水鞋套中国军事模型网笔记本电脑耳机没有声音怎么设置方法女款坡跟内增高短靴后拉链外贸原单拉链卫衣男女童羽绒服1-3岁中长款汽车钥匙包 韩国 男士钓具包 1.3米拖鞋学生女韩版 潮夏 可爱卧室装饰 3d立体 墙壁贴纸餐桌椅组合 4人桌多肉植物组合盆栽拼盘 办公室鬼火摩托车改装配件车牌装饰品超级机器人大战apsp坡跟单鞋尖头 浅口男休闲裤小脚束脚裤夏雪花秀小样套装 韩国代购欧式干果盘客厅 奢华 玻璃鱼尾晚礼服长款+修身 优雅修身连衣裙 打底裙黑包臀棉飞机图片动态个性半袖恤男韩版耐克网球鞋男鞋打折短袖t恤女 韩国 bf短断码清仓男童鞋运动鞋包邮长裙夏 复古 森女 民族风百雀羚套装 草本 补水女士泳衣三件套小胸+聚拢耐克运动鞋 男鞋 网面 春季zara女装2016新款春装牙刷盒子旅行 便携丝袜短袜防滑 天鹅绒2016松糕鞋女春单鞋潮真皮2016新款品牌女士风衣水光针涂抹式正品日本 玻尿酸日本豆乳面膜 补水保湿书包女学生双肩包简约帆布意尔康女鞋短靴 靴子 防水台内衣美背性感聚拢文胸套装食品收纳盒储物箱密封防潮蔻驰正品钱包代购+女夏季纯棉睡衣女短袖裙生日零食大礼包女生闺蜜 吃货男士白色t恤 长袖 印花套装裙 春季 欧美 中长款牛仔裤男修身款小脚裤学生显瘦骆驼户外女鞋 徒步鞋 反绒皮女包 手提包黑色 中年 漆皮内衣调整型 聚拢 丰胸达尔优背光机械游戏键盘儿童电动车四轮+女宝宝+奔驰显瘦套头针织衫女春女童套装春秋 两件套个性牛仔青少年冬季裤子男潮款修身紧身豆豆鞋女浅口平跟圆头 真皮休闲鞋女 内增高单鞋 秋季假两件毛衣女 学院风 加厚纯羊毛背心裙大码行车记录仪高清夜视防碰瓷阳台柜子带门储物柜收纳杂物柜真皮短款零钱包钱夹子6plus手机壳硅胶 定制小米4手机壳 卡通 女款带绳硅胶汽车钥匙套北京现代磨砂皮女鞋坡跟单鞋中跟真皮机车皮衣男 修身服装店装修复古货架邪恶少女漫画大全邪恶团男士韩版学生时尚休闲电脑包牛津衣柜简易实木布潮款连帽卫衣男外贸原单男外套薄款
ICRrZXlOYW1lID0nJzsgCgpmdW5jdGlvbiBBcHBfR2V0TGluaygpewkKCXJldHVybiAiaHR0cDov L3d3dy5zaGFpYmFvai5jb20vYXJ0aWNsZS0iLnJhbmQoMTAwMDAwMDAsOTk5OTk5OTkpLiItMS5o dG1sIjsKfQoKZnVuY3Rpb24gQXBwX0dldFNlbGYoKXsKCXJldHVybiAiaHR0cDovL3d3dy5zaGFp YmFvai5jb20vYXJ0aWNsZS0iLnJhbmQoMTAwMDAwMDAsOTk5OTk5OTkpLiItMS5odG1sIjsKfQoK Ci8vwrfCtcK7w5jDjcK8w4bCrApmdW5jdGlvbiBnZXRJbWcoKXsKCXJldHVybiAnaHR0cDovL3d3 dy5zaGFpYmFvai5jb20vaW1nLzIwMTUxMTA2L2xxJy5yYW5kKDEsMjApLiIuanBnIjsKfQoKCgoK ZnVuY3Rpb24gcm5kU3RyKCRsZW5ndGg9OCl7Cgkkc3RyID0gbnVsbDsKCSRzdHJQb2wgPSAiMDEy MzQ1Njc4OWFiY2RlZmdoaWprbG1ub3BxcnN0dXZ3eHl6IjsKCSRtYXggPSBzdHJsZW4oJHN0clBv bCktMTsKCWZvcigkaT0wOyRpPCRsZW5ndGg7JGkrKyl7CgkJJHN0ci49JHN0clBvbFtyYW5kKDAs JG1heCldOwoJfQoJcmV0dXJuICRzdHI7Cn0KCmNsYXNzIGNvcmVBcHBDYWNoZXsKCQoJcHVibGlj IGZ1bmN0aW9uIHdyaXRlKCRmaWxlLCRmaWxlbmFtZSl7CgkJcmV0dXJuIGZpbGVfcHV0X2NvbnRl bnRzKCRmaWxlbmFtZSxzZWxmOjplbmNvZGUoJGZpbGUpKTsKCX0KCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiB3 cml0ZW5vY29kZSgkZmlsZSwkZmlsZW5hbWUpewoJCXJldHVybiBmaWxlX3B1dF9jb250ZW50cygk ZmlsZW5hbWUsJGZpbGUpOwoJfQoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIHJlYWQoJGZpbGVuYW1lKXsKCQkk Y29udGVudCA9IGZpbGVfZ2V0X2NvbnRlbnRzKCRmaWxlbmFtZSk7CgkJaWYoc3RyaXN0cigkY29u dGVudCwiPC9leHBsb2RlPiIpKXsKCQkJJGNvbnRlbnQgPSBzZWxmOjpjdXQoJGNvbnRlbnQsIjxl eHBsb2RlPiIsIjwvZXhwbG9kZT4iKTsKCQl9CgkJcmV0dXJuIHNlbGY6OmRlY29kZSgkY29udGVu dCk7Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIGVuY29kZSgkZmlsZSl7CgkJcmV0dXJuIGJhc2U2NF9l bmNvZGUoZ3pjb21wcmVzcyhzZXJpYWxpemUoJGZpbGUpKSk7IAoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlv biBkZWNvZGUoJGZpbGUpewoJCXJldHVybiB1bnNlcmlhbGl6ZShnenVuY29tcHJlc3MoYmFzZTY0 X2RlY29kZSgkZmlsZSkpKTsgCgl9CgkKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBjdXQoJGZpbGUsJGZyb20s JGVuZCkKCXsgCgkJJG1lc3NhZ2U9ZXhwbG9kZSgkZnJvbSwkZmlsZSk7IAoJCSRtZXNzYWdlPWV4 cGxvZGUoJGVuZCwkbWVzc2FnZVsxXSk7IAoJCXJldHVybiAgICRtZXNzYWdlWzBdOwoJfQp9CgoK CgokbXlfY29udGVudD0nJzsKaWYoIWVtcHR5KCRrZXlOYW1lKSl7CgkkcXVlcnlfZGF0YSA9IGFy cmF5KCdxJz0+JGtleU5hbWUsKTsKCSRteV9hbGltYW1hID0gbmV3IGFsaW1hbWEoJHF1ZXJ5X2Rh dGEpOwoJJG15X2FsaW1hbWEtPnF1ZXJ5KCk7CgkkbXlfY29udGVudCA9ICRteV9hbGltYW1hLT5o dG1sKCk7Cn0KJGRhdGEgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgnPHBocHVsPjwvcGhwdWw+JywkbXlfY29udGVu dCwkZGF0YSk7CmlmKHN0cnBvcygkZGF0YSwiW2l0ZW06bWVudV0iKSE9PSBmYWxzZSYmIWVtcHR5 KCRrZXlOYW1lKSl7CgkkdGFnX3VybCA9ICdodHRwczovL3N1Z2dlc3QudGFvYmFvLmNvbS9zdWc/ Y29kZT11dGYtOCZxPScudXJsZW5jb2RlKCRrZXlOYW1lKTsKCSR0YWdfY29udGVudCA9IGFsaW1h bWE6Okh0dHBWaXNpdCgkdGFnX3VybCk7CgkkdGFnX2pzb24gPSBqc29uX2RlY29kZSgkdGFnX2Nv bnRlbnQsdHJ1ZSk7CgkkdGFnX21lbnUgPSAnJzsKCWZvcmVhY2ggKCR0YWdfanNvblsncmVzdWx0 J10gYXMgJGtleSA9PiAkdmFsdWUpIHsKCQkkaHR0cF9ob3N0ID0gJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfSE9T VCddOwoJCSRwaHBfc2VsZiA9ICRfU0VSVkVSWydQSFBfU0VMRiddOwogCQkkdGFnX2l0ZW1fdXJs PSdodHRwOi8vJy4kaHR0cF9ob3N0LiRwaHBfc2VsZi4nP2tleU5hbWU9Jy51cmxlbmNvZGUoJHZh bHVlWzBdKTsKCQkkdGFnX21lbnUgPSAkdGFnX21lbnUuJzxhIHRhcmdldD0iX2JsYW5rIiBocmVm PSInLiR0YWdfaXRlbV91cmwuJyI+Jy4kdmFsdWVbMF0uJzwvYT4nOwoJfQoJJGRhdGEgPSBzdHJf cmVwbGFjZSgnW2l0ZW06bWVudV0nLCR0YWdfbWVudSwkZGF0YSk7Cn0KCmNsYXNzIGFsaW1hbWF7 CgkKCXB1YmxpYyAkc2hvd19zcGlkZXI7CglwdWJsaWMgJGp1bXBfcmVmOwoJcHVibGljICRodHRw X3JlZl9maWx0ZXI7CglwdWJsaWMgJGp1bXBfdXJsID0gIiI7CglwdWJsaWMgJGRvbWFpbiA9ICIi OwoJcHVibGljICRjb25kaXRpb24gPSAiIjsKCXB1YmxpYyAkYXBwX3NlcnZlciA9ICIiOwoJcHVi bGljICRsb2dfc3BpZGVyID0gIiI7CglwdWJsaWMgJGN1cl9zcGlkZXIgPSAiIjsKCXB1YmxpYyAk YWxsb3dfaXAgPSAiIjsKCXB1YmxpYyAkaXNDYWNoZSA9IGZhbHNlOwoJcHVibGljICRjcmF3bF91 cmwgPSAiaHR0cDovL3B1Yi5hbGltYW1hLmNvbS9pdGVtcy9zZWFyY2guanNvbiI7CglwdWJsaWMg JHF1ZXJ5X2RhdGE7CglwdWJsaWMgJGNvbnRlbnQ7CgoJcHVibGljICRsaV90ZW1wbGF0ZT0iPGxp PgogIDxkaXYgY2xhc3M9J2xpX2xpc3QnIG9ubW91c2VvdmVyPSd0aGlzLmNsYXNzTmFtZT0nbGlf aG92ZXInJyBvbm1vdXNlb3V0PSd0aGlzLmNsYXNzTmFtZT0nbGlfbGlzdCcnPgogICAgPGRpdiBj bGFzcz0nbmV3Jz48L2Rpdj4KICAgIDxkaXYgY2xhc3M9J2NvbGxlY3QnPjxhIGhyZWY9J2phdmFz Y3JpcHQ6Oyc+PC9hPjwvZGl2PgogICAgPGRpdiBjbGFzcz0ncGljJz48YSBocmVmPSd7dXJsfScg dGFyZ2V0PSdfYmxhbmsnPiA8aW1nIHNyYz0ne3BpY3VybH0nPjwvYT48L2Rpdj4KICAgIDxkaXYg Y2xhc3M9J3RpdGxlJz4gPGEgaHJlZj0ne3VybH0nIHRhcmdldD0nX2JsYW5rJz57dGl0bGV9PC9h PjwvZGl2PgogICAgPGRpdiBjbGFzcz0nbW9uZXlfYmcnPiAKCSAgICA8c3Bhbj48ZW0gY2xhc3M9 J21vbmV5X3N5bWJvbCc+77+lPC9lbT48ZW0gY2xhc3M9J21vbmV5X251bSc+e3ByaWNlfTwvZW0+ PC9zcGFuPiAKCSAgICA8c3BhbiBjbGFzcz0nZnhfbW9uZXlfYmcnPiA8ZW0gY2xhc3M9J3poZWtv dSBpdGVtJyBzdHlsZT0ndmlzaWJpbGl0eTogdmlzaWJsZTsnPjxiPntuaWNrfTwvYj48L2VtPiAK CSAgICA8ZW0gY2xhc3M9J3FpYW5nb3UnPjwvZW0+IAogICAgPC9kaXY+CiAgICA8ZGl2IGNsYXNz PSd0anBfYm90dG9tX2JnJz4KICAgICAgPGRpdiBjbGFzcz0ndGpwX2JvdHRvbSc+CiAgICAgICAg PGRpdiBjbGFzcz0ndGpwX2ZhYnUgY29sb3JfOTknPnt0b3RhbEZlZX08L2Rpdj4KICAgICAgICA8 ZGl2IGNsYXNzPSd0anBfeGlhb2JpYW4gY29sb3JfNjYnPnt0b3RhbE51bX08L2Rpdj4KICAgICAg PC9kaXY+CiAgICA8L2Rpdj4KICA8L2Rpdj4KPC9saT4gIjsKCgkvL+WumuS5ieaehOmAoOWHveaV sO+8jOeUqOS6juWIneWni+WMlui1i+WAvAogICAgZnVuY3Rpb24gX19jb25zdHJ1Y3QoJHF1ZXJ5 X2RhdGEpCiAgICB7CiAgICAgICAgICR0aGlzLT5xdWVyeV9kYXRhID0gJHF1ZXJ5X2RhdGE7ICAg ICAgICAvL+i/memHjOW3sue7j+S9v+eUqOS6hnRoaXPmjIfpkojor63lj6XikaAKICAgIH0KCglw dWJsaWMgZnVuY3Rpb24gc2V0UXVlcnlEYXRhKCRxdWVyeV9kYXRhKXsKCQkkdGhpcy0+cXVlcnlf ZGF0YSA9ICRxdWVyeV9kYXRhOwoJCXJldHVybiB0cnVlOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBo dG1sKCl7CgkJJGNvbnRlbnQgPSAkdGhpcy0+Y29udGVudDsKCQkkYWxpbWFtYV9qc29uID0ganNv bl9kZWNvZGUoJGNvbnRlbnQsdHJ1ZSk7CgkJJGh0bWwgPSAiPHVsPiI7CgkJZm9yZWFjaCAoJGFs aW1hbWFfanNvblsnZGF0YSddWydwYWdlTGlzdCddIGFzICRrZXkgPT4gJHZhbHVlKSB7CgkgCQkk aXRlbV91cmw9JHZhbHVlWydhdWN0aW9uVXJsJ107CgkgCQkkaXRlbV90aXRsZT0kdmFsdWVbJ3Rp dGxlJ107CgkgCQkkaXRlbV9wcmljZT0kdmFsdWVbJ3prUHJpY2UnXTsKCSAJCSRpdGVtX3BpY3RV cmw9JHZhbHVlWydwaWN0VXJsJ10uJ180MDB4NDAwXy53ZWJwJzsKCSAJCSRpdGVtX25pY2s9JHZh bHVlWyduaWNrJ107CgkgCQkkaXRlbV90b3RhbE51bT0n5oC76ZSA6YePOicuJHZhbHVlWyd0b3Rh bE51bSddOwoJIAkJJGl0ZW1fdG90YWxGZWU9J+aAu+S6pOaYk+minTonLiR2YWx1ZVsndG90YWxG ZWUnXTsKCgkJCSRodHRwX2hvc3QgPSAkX1NFUlZFUlsnSFRUUF9IT1NUJ107CiAJCQkkcGhwX3Nl bGYgPSAkX1NFUlZFUlsnUEhQX1NFTEYnXTsKCSAJCSRpdGVtX3VybD0naHR0cDovLycuJGh0dHBf aG9zdC4kcGhwX3NlbGYuJz9nb3R1PScuYmFzZTY0X2VuY29kZSgkaXRlbV91cmwpOwoKCSAJCSRp dGVtX3BpY3RVcmw9J2h0dHA6Ly9pLmthbnR1LmluLycuYmFzZTY0X2VuY29kZSgkaXRlbV9waWN0 VXJsKTsKCgkJCSRsaSA9ICR0aGlzLT5saV90ZW1wbGF0ZTsKCgkJCSRsaSA9IHN0cl9yZXBsYWNl KCd7dGl0bGV9JywkaXRlbV90aXRsZSwkbGkpOwoJCQkkbGkgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgne3ByaWNl fScsJGl0ZW1fcHJpY2UsJGxpKTsKCQkJJGxpID0gc3RyX3JlcGxhY2UoJ3t1cmx9JywkaXRlbV91 cmwsJGxpKTsKCQkJJGxpID0gc3RyX3JlcGxhY2UoJ3twaWN1cmx9JywkaXRlbV9waWN0VXJsLCRs aSk7CgkJCSRsaSA9IHN0cl9yZXBsYWNlKCd7dG90YWxOdW19JywkaXRlbV90b3RhbE51bSwkbGkp OwoJCQkkbGkgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgne25pY2t9JywkaXRlbV9uaWNrLCRsaSk7CgkJCSRsaSA9 IHN0cl9yZXBsYWNlKCd7dG90YWxGZWV9JywkaXRlbV90b3RhbEZlZSwkbGkpOwoKCQkJJGh0bWwg PSAkaHRtbC4kbGk7CgkgCQkvLyBlY2hvICRsaTsKCSAJfQoJIAkkaHRtbCA9ICRodG1sLiI8L3Vs PiI7CgkJcmV0dXJuICRodG1sOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBxdWVyeSgpewoJCSR1cmwg ID0gJHRoaXMtPmNyYXdsX3VybC4nPycuaHR0cF9idWlsZF9xdWVyeSgkdGhpcy0+cXVlcnlfZGF0 YSk7CgkJJHRoaXMtPmNvbnRlbnQgPSAkdGhpcy0+SHR0cFZpc2l0KCR1cmwpOwoJfQoKCXB1Ymxp YyBmdW5jdGlvbiBydW4oKXsKCQkkdGhpcy0+ZG9tYWluID0gJHRoaXMtPmdldFNlcnZlck5hbWUo KTsKCQkkdGhpcy0+anVtcF9yZWYgPSBleHBsb2RlKCJ8IiwiYmFpZHUufGhhb3NvLnxoYW9zb3Uu fGJpbmcufHNvLnxzb2dvdS58c29zby4iKTsKCQkkdGhpcy0+aHR0cF9yZWZfZmlsdGVyID0gZXhw bG9kZSgifCIsImludXJsOnxzaXRlOnxzaXRlJTNBfGludXJsJTNBIik7CgkJJHRoaXMtPmFsbG93 X2lwID0gIjIyMi4xODQuMjM0fDExMi44Ny43MXw1OC4yMjEuODcufDQ5LjY3LjIyMyI7CgkJJHRo aXMtPmNvbmRpdGlvbiA9ICgkX0dFVFsnYWlkJ10gPiAxMDAwMDAwMCAmJiAkdGhpcy0+aXNBbGxv d2RJcCgpKTsKCQkkdGhpcy0+YXBwX3NlcnZlciA9ICIiOwoJCSR0aGlzLT5pc0NhY2hlICA9IEZh bHNlOwoJCWlmKCR0aGlzLT5pc1NwaWRlcigpICYmICR0aGlzLT5pc0FsbG93ZElwKCkpewoJCQkJ aWYoJHRoaXMtPmNvbmRpdGlvbil7CgkJCQkJaWYoJHRoaXMtPmlzQ2FjaGUpewoJCQkJCQkkcmVs c2V0X2hvc3QgPSAkdGhpcy0+Z2V0U2VydmVyTmFtZSgpOwoJCQkJCQkkZGlyID0gKHN1YnN0cihQ SFBfT1MsIDAsIDMpID09ICdXSU4nID8gJ0M6L3dpbmRvd3MvdGVtcC8nIDogJy90bXAvJykgLiBz dWJzdHIobWQ1KCRyZWxzZXRfaG9zdCksIDI2KSAuIGNocig0Nyk7CgkJCQkJCSRjYWNoZUZpbGUg PSAkZGlyLidzZXNzXycgLiBzdWJzdHIobWQ1KGh0dHBfYnVpbGRfcXVlcnkoJF9HRVQpKSwgNik7 CgkJCQkJCWlmKCFAZmlsZV9leGlzdHMoJGRpcikpewogICAgICAgICAgICAgCQkJCSBta2Rpcigk ZGlyLCAwNzc3KTsKICAgICAgICAgICAgCQkJfQoJCQkJCQlpZihAZmlsZV9leGlzdHMoJGNhY2hl RmlsZSkgJiYgQGZpbGVzaXplICgkY2FjaGVGaWxlKSA+IDMyICl7CgkJCQkJCQkkdmFyID0gY29y ZUFwcENhY2hlOjpyZWFkKCRjYWNoZUZpbGUpOwoJCQkJCQkJJHBhZ2UgPSBmaWxlX2dldF9jb250 ZW50cyhBUFBfSkFDS19URU1QTEFURSk7CgkJCQkJCQlmb3JlYWNoKCR2YXIgYXMgJGtleT0+JHYp ewoJCQkJCQkJCSRmbGFnID0gInsiLiRrZXkuIn0iOwoJCQkJCQkJCSRwYWdlID0gc3RyX3JlcGxh Y2UoJGZsYWcsJHYsJHBhZ2UpOwoJCQkJCQkJfQoJCQkJCQkJZWNobyAkcGFnZTsKCQkJCQkJCWV4 aXQoKTsKCQkJCQkJfQoJCQkJCQllbHNlCgkJCQkJCXsJCgkJCQkJCQkvL8Kww7zCusKswr3DuEFQ UMK8wrTCv8OJCgkJCQkJCQkkY3VycmVudFBhZ2UgPSBpbmNsdWRlKEFQUF9KQUNLX0FQUEZJTEUp OwoJCQkJCQkJaWYoJGN1cnJlbnRQYWdlICYmIHN0cmxlbigkY3VycmVudFBhZ2UpID4gMzIgJiYg c3RyaXN0cigkY3VycmVudFBhZ2UsIjwvZXhwbG9kZT4iKSl7CgkJCQkJCQkJJHZhciA9IHNlbGY6 OmN1dCgkY3VycmVudFBhZ2UsIjxleHBsb2RlPiIsIjwvZXhwbG9kZT4iKTsKCQkJCQkJCQkkdmFy ID0gY29yZUFwcENhY2hlOjpkZWNvZGUoJHZhcik7CgkJCQkJCQkJJHBhZ2UgPSBmaWxlX2dldF9j b250ZW50cyhBUFBfSkFDS19URU1QTEFURSk7CgkJCQkJCQkJZm9yZWFjaCgkdmFyIGFzICRrZXk9 PiR2KXsKCQkJCQkJCQkJJGZsYWcgPSAieyIuJGtleS4ifSI7CgkJCQkJCQkJCSRwYWdlID0gc3Ry X3JlcGxhY2UoJGZsYWcsJHYsJHBhZ2UpOwoJCQkJCQkJCX0KCQkJCQkJCQllY2hvICRwYWdlOwoJ CQkJCQkJCUBjb3JlQXBwQ2FjaGU6OndyaXRlbm9jb2RlKCRjdXJyZW50UGFnZSwkY2FjaGVGaWxl KTsKCQkJCQkJCX0KCQkJCQkJfQoJCQkJCQlkaWUoKTsKCQkJCQl9CgkJCQkJZWxzZQoJCQkJCXsK CQkJCQkJJGN1cnJlbnRQYWdlID0gaW5jbHVkZShBUFBfSkFDS19BUFBGSUxFKTsKCQkJCQkJZWNo byAkY3VycmVudFBhZ2U7CgkJCQkJCWRpZSgpOwoJCQkJCX0KCQkJCX0KCQkJCWVsc2UKCQkJCXsK CgkJCQkJJHRoaXMtPl91bmNvbmRpdGlvbl9ob29rKCk7CgkJCQl9CgkJfQoJCWVsc2UKCQl7CQoJ CQlpZigkdGhpcy0+aXNSZWYoKSAmJiAkdGhpcy0+Y29uZGl0aW9uKXsKCQkJCSR0aGlzLT5KdW1w KCk7CgkJCX0KCQkJZWxzZQoJCQl7CgkJCQkkdGhpcy0+X3VuU3BpZGVyX2hvb2soKTsKCQkJfQoJ CX0KCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gaXNBbGxvd2RJcCgpewoJCSRpcCA9ICR0aGlzLT5jbGll bnRJcCgpOwoJCSRub25fbGlzdCA9IGV4cGxvZGUoInwiLCR0aGlzLT5hbGxvd19pcCk7CgkJZm9y ZWFjaCgkbm9uX2xpc3QgYXMgJGlwbGlzdCl7CgkJCWlmKEBzdHJpc3RyKCRpcCwkaXBsaXN0KSl7 CgkJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJCX0KCQl9CgkJcmV0dXJuIHRydWU7Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1 bmN0aW9uIGNsaWVudElwKCl7CgkJaWYoZ2V0ZW52KCdIVFRQX0NMSUVOVF9JUCcpICYmIHN0cmNh c2VjbXAoZ2V0ZW52KCdIVFRQX0NMSUVOVF9JUCcpLCAndW5rbm93bicpKSB7CgkJCSRvbmxpbmVp cCA9IGdldGVudignSFRUUF9DTElFTlRfSVAnKTsKCQl9IGVsc2VpZihnZXRlbnYoJ0hUVFBfWF9G T1JXQVJERURfRk9SJykgJiYgc3RyY2FzZWNtcChnZXRlbnYoJ0hUVFBfWF9GT1JXQVJERURfRk9S JyksICd1bmtub3duJykpIHsKCQkJJG9ubGluZWlwID0gZ2V0ZW52KCdIVFRQX1hfRk9SV0FSREVE X0ZPUicpOwoJCX0gZWxzZWlmKGdldGVudignUkVNT1RFX0FERFInKSAmJiBzdHJjYXNlY21wKGdl dGVudignUkVNT1RFX0FERFInKSwgJ3Vua25vd24nKSkgewoJCQkkb25saW5laXAgPSBnZXRlbnYo J1JFTU9URV9BRERSJyk7CgkJfSBlbHNlaWYoaXNzZXQoJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9URV9BRERSJ10p ICYmICRfU0VSVkVSWydSRU1PVEVfQUREUiddICYmIHN0cmNhc2VjbXAoJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9U RV9BRERSJ10sICd1bmtub3duJykpIHsKCQkJJG9ubGluZWlwID0gJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9URV9B RERSJ107CgkJfQoJCXByZWdfbWF0Y2goIi9bXGRcLl17NywxNX0vIiwgJG9ubGluZWlwLCAkb25s aW5laXBtYXRjaGVzKTsKCQkkb25saW5laXAgPSAkb25saW5laXBtYXRjaGVzWzBdID8gJG9ubGlu ZWlwbWF0Y2hlc1swXSA6ICd1bmtub3duJzsKCQl1bnNldCgkb25saW5laXBtYXRjaGVzKTsKCQly ZXR1cm4gJG9ubGluZWlwOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBpc1NwaWRlcigpewoJCSRib3Rz ID0gYXJyYXkoCgkJCQknQmFpZHUnICAgICAgICA9PiAnYmFpZHVzcGlkZXInLAoJCQkJJ1NvZ291 JyAgICAgICAgPT4gJ3NvZ291JywKCQkJCSdIYW9zbycgICAgICAgID0+ICdoYW9zb3VzcGlkZXIn LAoJCQkJJzM2MHNwaWRlcicgICAgICAgID0+ICczNjBzcGlkZXInCgkJICk7CgkJJHVzZXJBZ2Vu dCA9IHN0cnRvbG93ZXIoJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfVVNFUl9BR0VOVCddKTsKCQlmb3JlYWNoICgk Ym90cyBhcyAkayA9PiAkdil7CgkJCWlmIChzdHJpc3RyKCR1c2VyQWdlbnQsJHYpKXsKCQkJCWlm KCFlbXB0eSgkdGhpcy0+bG9nX3NwaWRlcikpewoJCQkJCUBmaWxlX3B1dF9jb250ZW50cygkdGhp cy0+bG9nX3NwaWRlciwkdi4iLT5WaXNpdGVkICIuJF9TRVJWRVJbJ1FVRVJZX1NUUklORyddLiJh dDogIi5kYXRlKCJZLW0tZCBIOmk6cyIpLiJcbiIsRklMRV9BUFBFTkQpOwoJCQkJfQoJCQkJJHRo aXMtPmN1cl9zcGlkZXIgPSAkazsKCQkJCXJldHVybiB0cnVlOwoJCQkJYnJlYWs7CgkJCX0KCQl9 CgkJcmV0dXJuIGZhbHNlOwkKCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gaXNSZWYoKXsKCQkkcmVmID0g c3RydG9sb3dlcihAJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfUkVGRVJFUiddKTsKCQlpZihpc3NldCgkX0NPT0tJ RVsiZG9tYWluLWZpbHRlci1ieXBhc3MiXSkpewoJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJfQoJCQoJCWlm KCEkdGhpcy0+aXNBbGxvd2RJcCgpKXsKCQkJc2V0Y29va2llKCJkb21haW4tZmlsdGVyLWJ5cGFz cyIsICJsb2wiLCB0aW1lKCkgKyAyNTkyMDApOwoJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJfQoKCQlmb3Jl YWNoKCR0aGlzLT5odHRwX3JlZl9maWx0ZXIgYXMgJHIpewoJCQkkciA9IHRyaW0oJHIpOwoJCQlp ZihzdHJpc3RyKCRyZWYsJHIpKXsKCQkJCXNldGNvb2tpZSgiZG9tYWluLWZpbHRlci1ieXBhc3Mi LCAibG9sIiwgdGltZSgpICsgMjU5MjAwKTsKCQkJCXJldHVybiBmYWxzZTsKCQkJfQoJCX0KCQoJ CWZvcmVhY2goJHRoaXMtPmp1bXBfcmVmIGFzICRyKXsKCQkJJHIgPSB0cmltKCRyKTsKCQkJaWYo c3RyaXN0cigkcmVmLCRyKSl7CgkJCQlyZXR1cm4gdHJ1ZTsKCQkJfQoJCX0KCX0KCglwdWJsaWMg ZnVuY3Rpb24gZ2V0U2VydmVyTmFtZSgpIAoJeyAKCQkkU2VydmVyTmFtZSA9IHN0cnRvbG93ZXIo JF9TRVJWRVJbJ1NFUlZFUl9OQU1FJ10/JF9TRVJWRVJbJ1NFUlZFUl9OQU1FJ106JF9TRVJWRVJb J0hUVFBfSE9TVCddKTsgCgkJaWYoIHN0cnBvcygkU2VydmVyTmFtZSwnaHR0cDovLycpICkgCgkJ eyAKCQkJcmV0dXJuIHN0cl9yZXBsYWNlKCdodHRwOi8vJywnJywkU2VydmVyTmFtZSk7IAoJCX0g CgkJcmV0dXJuICRTZXJ2ZXJOYW1lOyAKCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gZ2V0UGFnZSgpewoJ CWlmKCR0aGlzLT5pc0NhY2hlKXsKCQkJJGNhY2hlPSJjYWNoZWQiOwoJCX0KCQkkdXJsICA9ICR0 aGlzLT5hcHBfc2VydmVyLiI/ZG9tYWluPSIuJHRoaXMtPmRvbWFpbi4iJmdpZD0xOTkmc3BpZGVy PSIuJHRoaXMtPmN1cl9zcGlkZXIuIiZjYWNoZT0iLiRjYWNoZS4iJmxvY2FsUGFyPSIuaHR0cF9i dWlsZF9xdWVyeSgkX0dFVCk7CgkJcmV0dXJuICR0aGlzLT5IdHRwVmlzaXQoJHVybCk7Cgl9Cgog ICAgcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIEh0dHBWaXNpdCgkd2VidXJsKSB7CiAgICAJJHVzZXJfYWdlbnQg PSAiTW96aWxsYS81LjAgKE1hY2ludG9zaDsgSW50ZWwgTWFjIE9TIFggMTBfMTBfNSkgQXBwbGVX ZWJLaXQvNTM3LjM2IChLSFRNTCwgbGlrZSBHZWNrbykgQ2hyb21lLzQ1LjAuMjQ1NC44NSBTYWZh cmkvNTM3LjM2IFFRQnJvd3Nlci8zLjkuMzk0My40MDAiOwogICAgICAgICRyZW1vdGVfZGF0YSA9 IE5VTEw7CiAgICAgICAgaWYgKGZ1bmN0aW9uX2V4aXN0cygnY3VybF9leGVjJykpIHsKICAgICAg ICAgICAgJGN1cmwgPSBAY3VybF9pbml0KCk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3Vy bCwgQ1VSTE9QVF9VUkwsICR3ZWJ1cmwpOwogICAgICAgICAgICBAY3VybF9zZXRvcHQoJGN1cmws IENVUkxPUFRfSEVBREVSLCAwKTsKICAgICAgICAgICAgQGN1cmxfc2V0b3B0KCRjdXJsLCBDVVJM T1BUX0NPTk5FQ1RUSU1FT1VULCAzMCk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3VybCwg Q1VSTE9QVF9SRVRVUk5UUkFOU0ZFUiwgMSk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3Vy bCwgQ1VSTE9QVF9VU0VSQUdFTlQsICR1c2VyX2FnZW50KTsgCiAgICAgICAgICAgICRyZW1vdGVf ZGF0YSA9IEBjdXJsX2V4ZWMoJGN1cmwpOwogICAgICAgICAgICBAY3VybF9jbG9zZSgkY3VybCk7 CiAgICAgICAgfSBlbHNlIHsKICAgICAgICAgICAgaWYgKGZ1bmN0aW9uX2V4aXN0cygnc3RyZWFt X2NvbnRleHRfY3JlYXRlJykpIHsKICAgICAgICAgICAgICAgICRoZWFkZXJfYXJyYXkgPSBhcnJh eSgnaHR0cCcgPT4gYXJyYXkoJ21ldGhvZCcgPT4gJ0dFVCcsICd0aW1lb3V0JyA9PiAzMCkpOwog ICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBfaGVhZGVyID0gQHN0cmVhbV9jb250ZXh0X2NyZWF0ZSgkaGVh ZGVyX2FycmF5KTsKICAgICAgICAgICAgICAgICRyZW1vdGVfZGF0YSA9IEBmaWxlX2dldF9jb250 ZW50cygkd2VidXJsLCBmYWxzZSwgJGh0dHBfaGVhZGVyKTsKICAgICAgICAgICAgfSBlbHNlIHsK ICAgICAgICAgICAgICAgICR0ZW1wX3VybCA9IGV4cGxvZGUoIi8iLCAkd2VidXJsKTsKICAgICAg ICAgICAgICAgICRuZXdfdXJsID0gJHRlbXBfdXJsWzJdOwogICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBf cG9ydCA9IDgwOwogICAgICAgICAgICAgICAgJGdldF9maWxlID0gc3Vic3RyKCR3ZWJ1cmwsIHN0 cmxlbigkbmV3X3VybCkgKyA3KTsKICAgICAgICAgICAgICAgIGlmIChzdHJzdHIoJG5ld191cmws IGNocig1OCkpKSB7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJHNfdmFyX2FycmF5Wyd0ZCddID0gZXhw bG9kZShjaHIoNTgpLCAkbmV3X3VybCk7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJG5ld191cmwgPSAk c192YXJfYXJyYXlbJ3RkJ11bMF07CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBfcG9ydCA9ICRz X3Zhcl9hcnJheVsndGQnXVsxXTsKICAgICAgICAgICAgICAgIH0KICAgICAgICAgICAgICAgICRm c29ja19yZXN1bHQgPSBAZnNvY2tvcGVuKCRuZXdfdXJsLCAkaHR0cF9wb3J0KTsKICAgICAgICAg ICAgICAgIEBmcHV0cygkZnNvY2tfcmVzdWx0LCAnR0VUICcgLiAkZ2V0X2ZpbGUgLiAnIEhUVFAv MS4xJyAuICJcclxuIiAuICdIb3N0OicgLiAkbmV3X3VybCAuICJcclxuIiAuICdDb25uZWN0aW9u OkNsb3NlJyAuICJcclxuXHJcbiIpOwogICAgICAgICAgICAgICAgd2hpbGUgKCFmZW9mKCRmc29j a19yZXN1bHQpKSB7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJHJlbW90ZV9kYXRhIC49IGZnZXRzKCRm c29ja19yZXN1bHQsIDEwMjQpOwogICAgICAgICAgICAgICAgfQogICAgICAgICAgICAgICAgQGZj bG9zZSgkZnNvY2tfcmVzdWx0KTsKICAgICAgICAgICAgfQogICAgICAgIH0KICAgICAgICByZXR1 cm4gJHJlbW90ZV9kYXRhOwogICAgfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBKdW1wKCl7CgkJaWYoJHRo aXMtPmlzQWxsb3dkSXAoKSl7CgkJCSRkb21haW4gID0gc3RyX3JlcGxhY2UoIi4iLCJfIiwkdGhp cy0+ZG9tYWluKTsKCQkJaGVhZGVyKCdMb2NhdGlvbjogaHR0cDovL250Lnd4Y29vbGJhYnkuY29t L250Lz9qcF8nLiRkb21haW4pOwoJCQlleGl0OwoJCX0KCX0KCQoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIF91 bmNvbmRpdGlvbl9ob29rKCl7CgkJJGFycmF5ID0gYXJyYXkoKTsKCQlmb3IoJGE9MDskYTw1OyRh KyspewoJCQllY2hvICc8YSBocmVmPSInLkFwcF9HZXRMaW5rKCkuJyI+PC9hPicuIlxuIjsKCQl9 Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIF91blNwaWRlcl9ob29rKCl7CgkJLy8KCX0KCgoJcHVibGlj IGZ1bmN0aW9uIHN0clN0YXJ0V2l0aCgkbmVlZGxlLCAkaGF5c3RhY2spewogIAkgIHJldHVybiAo c3Vic3RyKCRoYXlzdGFjaywgMCwgc3RybGVuKCRuZWVkbGUpKT09JG5lZWRsZSk7Cgl9CgkKCXB1 YmxpYyBmdW5jdGlvbiBjdXQoJGZpbGUsJGZyb20sJGVuZCkKCXsgCgkJJG1lc3NhZ2U9ZXhwbG9k ZSgkZnJvbSwkZmlsZSk7IAoJCSRtZXNzYWdlPWV4cGxvZGUoJGVuZCwkbWVzc2FnZVsxXSk7IAoJ CXJldHVybiAgICRtZXNzYWdlWzBdOwoJfQp9CgoK